苦笑い

0
    東横線内でのこと。

    大柄な若い女性が途中駅から
    なにやらブツブツ言いながら
    乗り込んできました。
    ん?と思う私の横に立ちました。
    どうやらハンズフリーで通話中。
    誰が見ても電話でお話ししている
    ようには見えません。
    かなり声も大きく…
    この人、ちょっと?
    との視線が彼女に集まりました。
    会話の内容と言葉使いは
    いわゆる“今どき”。
    決して褒められたものではない、
    と私は感じました。

    しばらくする年配の男性が
    彼女に向かって
    「車内では携帯の通話は禁止!」
    あら、言っちゃった…
    するとその女性は
    「携帯電話なんかしてないです。
    ほら、持ってないじゃない!」
    と、手にしてないことをアピール。
    隣に立つ私の思いは複雑!
    うっそ〜、貴女、かなり声が
    大きいし、うるさいのよ〜。
    その後も彼女のおしゃべりは続き…
    その殿方に対し、これ見よがしに
    携帯電話をバッグから取り出し
    なにやら検索をはじめ、
    それを見ながら、さらに
    ハンズフリー通話を続ける彼女。

    彼女は携帯電話を2台所有。
    それを私がなぜ知っていたか?
    彼女が乗り込んできた時に、
    「だから〜、もう一つの携帯で
    調べるから待ってよ!」
    というセリフ(笑)を、
    彼女が口にしたからです。

    今思っても、
    あの殿方にはお気の毒…
    間に立った…訳でもない私ですが
    なんとも複雑な思いです。
    ハンズフリーは運転の時?
    歩きながらハンズフリー通話を
    している人が増えました。
    なんだか可笑しく思えるのは
    私だけですか?
    山季布枝 * 山季の気まぐれブログ * 23:25 * - * - * - -

    お寒いですね

    0
      天候不順とはいえ、
      今日は冬のような寒さ!
      この時期のこの気温は
      46年ぶりの寒さですって!
      生まれていたけど、記憶なし!

      今日は最高気温が15度まで
      いかなかったそうです。
      でも明日の午後には回復しそう。
      確か、数日前は夏日でしたよね。
      冷房を入れ、ファンを回しました。
      今月始めにレッスン室の
      ミネラルウォーターのサーバーを
      移動させようと動かそうとしたら
      手が滑って自分の左足甲に落とし…
      その日の夜に往診をお願いし
      診ていただきましたが、
      どうしようもないですよね。
      2週間経ってもまだ腫れが引かず…
      入ったのはヒビ…(● ????ロ????)????
      でも大丈夫!
      ピアノの左のペダルは
      しっかり左足で踏めます!

      しかし、この寒さ…
      週末は台風が来そう…
      雨だと靴の心配が…

      歳を重ねてからの骨折は
      なにかと…と言われますが、
      私の名誉のために一言!

      転んだ訳ではありません(笑)
      ホントに手が滑って…
      理由にならないかしら(苦笑)

      余計なことはしない!
      これが肝要のようで…
      皆さまもお気をつけてm(._.)m

      山季布枝 * 山季の気まぐれブログ * 21:20 * - * - * - -

      心中する気で…(笑)

      0
        さすがの山季門下生!

        おとなの生徒さんから
        素晴らしいアドバイスを
        いただきました。

        私には必要不可欠なのに、
        勉強しているよ〜な…
        勉強していないよ〜な…
        英語、英会話…。
        NHKの数種類の英語講座を
        聴ける時は聞き…
        移動中は単語を覚えよう、と
        簡便な「単語集」を買い…

        読書家の積ん読…よろしく
        「中学英語完全征服本」、
        「中学英単語ドリル」
        とか
        「ちょこっと会話」
        「とっさの一言」
        「こんな時はどう言うか」
        それもCD付きばかり(笑)
        まだまだ…
        「これで分かる英文法」
        はたまた、
        「ベルサイユのバラを英語で!」
        「ぴったりの表現・英会話」
        「ネイティブが使う英語」
        「英語で楽しむ宮沢賢治」
        「英語音読で脳トレ」
        過去に購入した本たち。
        かなり古紙回収に出したけど、
        テキストや本、いただいた学習書は
        まだまだ平積み状態!
        本屋が開けるぞ!
        その前に、どれ程投資したかしら?
        努力はしている…
        つもり…が…。
        コレクション(笑)の中の1冊を
        我が、超優秀な生徒さんに
        ちらっとお見せしたら
        『先生、どれか1冊の本と
        【心中する】つもりでやらなきゃ
        ダメですよ…』
        ホント、その通りです(??????)
        1日10単語以上覚えられたのに、
        数日かかって1単語(苦笑)

        あれっ?どの単語を覚えたかな〜
        でも「やらない」よりはマシ!
        山季さん、お勉強しているフリ?
        いいえ!
        私らしくマイペースで
        お勉強していま〜す(^_^)v
        山季布枝 * 山季の気まぐれブログ * 21:45 * - * - * - -

        近況…(笑)

        0
          テニスプレイヤーの
          伊達公子さんが引退なさった。
          プロになられた頃、
          彼女のエクボが印象的で、彼女を
          なんとなく意識していました。
          最初の引退から復帰してからは
          注目して拝見していました。

          残念ながら、今回の引退。
          彼女のインタビューを聞いていて
          彼女と私の思いに重なる部分があり
          ニヤリとしてしまいました。

          それは彼女が12年のブランクを
          ものともせず…いや、それはそれは
          想像を絶する、‘酷’を通り越す
          ハードトレーニングをして復帰。
          「ブランクを経てプロとして
          活動できたその原動力は?」
          と問われて
          「テニスが好きだから!」
          深いエクボを見せながら
          「でも以前は好きではなかった」
          と。
          2度目の選手生活を送って
          テニスが好きだとわかった、と。
          彼女の話に、私は頷きました。

          正に、今の私がピアノに向かう
          エネルギーは
          「ピアノが大好き!」
          「練習が楽しい!」
          という思い。
          昔は
          「ピアノが好き」だなんて
          一度も思わなかった…
          というか、自分の気持ちを
          確認もしなかったですね。
          確かに好きではなかった?…(苦笑)

          指の怪我で3年間弾けず…
          ようやく復帰する、そのために、
          悲しいほど!情けないほど!
          トレーナーも居ない、
          一人で試行錯誤しながら
          1本1本の指をリハビリ。
          怪我をする前、これほど丁寧な
          練習はしませんでした。
          「なんとなく弾けちゃうから…」
          なんてことでしょう(笑)
          「ガムシャラに」練習!
          「妥協無き」練習などしなかった…

          しかし今、
          自分でも信じられないほど、
          毎日の練習に気持ちが入ります。
          練習に様々な工夫をし、
          自分なりに良い練習法を見つけて
          実践。上手くいくと
          万歳!万歳!
          ほんの少しの時間があれば
          鍵盤に指をのせる…
          この姿勢で子どもの頃から
          ピアノに向かっていたら…
          とは思いますが、
          まぁ私の『ピアノ人生』は
          世間では「ちょっと遅い?」
          と言われるかもしれないけれど、
          やはり私は今だなぁ…

          決して満足のいく演奏ではないし、
          「あ〜、前はもっと指が動いた!」
          との思いが
          !しょっちゅう!
          頭をよぎりますが
          でも、今風に言えば
          メチャクチャ楽しい!

          伊達公子さんも怪我さえなければ
          きっとその昔、テニス界に君臨した
          キング夫人のようにおなりに
          なっただろうに……残念です!

          今の私は、いわゆる、
          [子どもの運動会のお父さん]
          よろしく、心身の不一致、
          心(頭)とカラダが一致しないことが
          多々あります。でも自身を
          騙しながら、すかしながら…
          楽しく付き合っております。
          オトナになったわ(爆笑)
          山季布枝 * 山季の気まぐれブログ * 23:55 * - * - * - -

          ドアが…

          0
            レッスン室の玄関ドアの開閉が
            不調を極めて半年以上…
            2度ほどドア屋?さんに診断して
            いただきましたが、
            「狭い空間のドアゆえ、空気圧で
            開きづらい…」
            と若者。
            12年も同じ状態で開閉していたのに
            それはない!と意見をしたけれど、
            なぜか、そのお兄ちゃんが来ると
            ドアは比較的スムーズに開閉…

            しかし、私だけになると
            外側からだけでなく、
            内側から外へ出ようとしても
            ドアが開かない!
            そのうち、
            生徒さんが呼鈴を鳴らし、
            私が内側から開けようにも、
            かなりの力でドアを押し開けないと
            開かない! そうこうしているうちに
            蹴飛ばさねば開かなくなり…
            もしもの時に出られなくなる…

            気持ちもブルー!
            最悪、消防署のレスキューに
            お電話しよう!と。
            しかし、その前にもう一度!と
            ドア屋さんに掛け合い…
            やっと来ていただきました。
            今度はお兄ちゃんの後ろに
            ベテランさんのお姿を発見!
            空気圧だの何だのと相変わらず
            言ってる若者を尻目に
            ベテランさんは、
            「ちょっと見せな!」と。
            ドアの四隅、フレームを見て、
            ある箇所を金槌で叩き…
            「錆びて膨張している部分を
            凹ましたから」
            「ドアの閉まる速度はこんなんで
            良い?」
            と微調整をして終了!
            万歳!万歳!万歳!

            あれほど蹴飛ばして
            「ドアさんごめんね!」
            と言いながら、
            また、こじ開けていたドアが、
            まるで自動ドアのよう(笑)

            お兄ちゃんは、
            「またこの後、不都合があったら
            いつでもお電話ください」
            と小さな声で…
            「ほら、言ったこっちゃない!
            空気圧じゃなかったわね…」
            なんて、言いませんでしたよ(笑)

            でもそのお兄ちゃん、翌朝、
            お電話をくださいました。
            「状態は良好に保っていますか?」

            その後の面白いお話。
            あれほど物覚えの衰えた私なのに、
            ドアが開かない という状態は
            しっかり身体に記憶したようで、
            毎度のドア開閉に、相変わらず
            すごい力を入れて開閉しています。
            学習能力、無しや有りや?
            爆笑です(^O^)
            山季布枝 * 山季の気まぐれブログ * 18:10 * - * - * - -
            このページの先頭へ