縁起物

0


    古くから「笊ざる」は赤ちゃんの
    「疳の虫」を封じ、また
    水をすくうと通るという特性から
    「鼻づまり」を治すための
    「おまじない」にも用いられて
    きました。
    また「竹」に「犬」で「笑」の
    漢字になるという言葉遊びから
    福を招く縁起物として飾られます。


    銀座鳩居堂さんの
    ショーウィンドウに
    説明と一緒に飾ってありました。
    私はこのことを知りませんでした。
    世界中に縁起物はありますが、
    なぜかどれも「クスッ」と笑えて
    良いですね。
    山季布枝 * 山季の気まぐれブログ * 20:30 * - * - * - -

    寒いですね

    0


      最強寒波到来!
      山形新庄へは今月、
      都合2回伺います。
      交通手段に問題がでなければ…
      と、心配です。
      それにしても、人間は身勝手で
      暑ければ暑いで文句を言い、
      寒ければ寒いで…

      自室に冷房をいれない高齢者が
      熱中症で倒れて
      ニュースになります。
      日本の一般的家屋の冬場の暖房は
      局部的な暖房ばかりで
      高齢者がヒートショックで倒れて
      ニュースになります。

      北海道や、かなり寒い地方でないと
      家全体を温める意識は薄いです。
      ちなみに、冬季死亡増加率は
      とても寒い北海道ではなく、
      中途半端に寒い地域が高いです。
      案外、北海道や青森は死亡率は
      低いのですね。
      満遍なく室内は温められ、
      洗面所や脱衣所、WCも廊下も
      暖かいから、ヒートショックは
      起こしにくいですね。

      最近は暖気を逃さない、
      また
      暖房費の節約のため、
      隙間風を防ぐ、
      温度を維持する為の、
      様々なお助けグッズが
      販売されています。
      報道によると
      イギリス住宅法は
      室温18度以下にしかならない
      賃貸住宅には改善命令が出され、
      改善が為されないと解体命令が
      出るそうです。
      イギリス住宅法の推奨温度は21度。
      私には低いな〜〜ぁ。

      近年、
      日本の冬のマンション生活では、
      毎朝、結露との闘いです。
      結露をしっかり取らないと
      以下の循環に泣きます(笑)
      結露→カビ→ダニ
      その「対策グッズ」も
      たくさんありますね。

      さぁ、風邪をひかないように
      過乾燥に注意いたしましょうね。
      山季布枝 * 山季の気まぐれブログ * 21:40 * - * - * - -

      相変わらずのテーマ

      0





        本来、暦の上では12月13日から
        お正月の支度に入るのだそう。
        それ故に、本来はこの日から
        お歳暮も始まるのだそう。
        しかし現代はおおよそ
        12月1日〜31日らしいです。
        関東と関西でも違いがあるとか。

        今年は早々と来年の手帳を購入。
        レッスン室用の1年カレンダーも
        購入し、さっさと貼りました。
        時々、あまりに早すぎて、
        来年のカレンダーであることを
        すっかり忘れて、
        大慌てになることもあります。
        年賀状も印刷を済ませました。
        表書きは…あははは…
        残すは大掃除です。

        例年よりかなり早く、
        ことを進めているから…といって
        大掃除を早くするかどうか
        これも年賀状と同じく別問題です(笑)
        お掃除業者にお願いしよう、
        とも考えましたが、私の場合、
        お掃除より整理!
        これは他人の手では出来ず!
        本の整理、
        資料の整理、
        楽譜やコピー譜の整理、
        以前のように焼かれた写真が
        無いので助かりますね。
        そして
        お洋服やバッグの整理、
        水回りのモノ、
        紙袋や空き箱…
        使用頻度が低くなった食器類…
        日常的にはかなり
        「勿体ない」をら禁句にして
        処分しているのですが…ね。

        ノーベル文学賞受賞された
        イシグロ氏、
        今日の授賞式でのスピーチ、
        素晴らしかったですね。
        日本人として生まれた方で
        外国に長く生活していらして
        日本を見つめる視界、視線は
        いつも広く、鋭いので、
        こうした方々のお話に
        よく耳を傾ける必要が
        今だからこそあると思います。
        山季布枝 * 山季の気まぐれブログ * 21:50 * - * - * - -

        …みたい…って(笑)

        0


          クリスマス・コンサートは
          色々な企画で、色々な方と組み
          色々な所にお声掛けいただいて
          演奏させていただきます。
          その練習が始まっています。

          あるコンサートで連弾をします。
          私はどういう訳か男性と組んでも
          セコンドパートを任されます。
          どうやら音楽の運び、ペダルが
          安定していて上手いらしい…(笑)
          でも冗談でなく、そういう評価を
          いただいて、外国人男性と組んでも
          セコンドパートを弾きます。
          そして私はそれが好きです!
          大きな外国人男性にプリモパートに
          座られてしまうと、セコンドの私の
          姿は消えます(笑)

          依頼された曲はクラシックもあれば
          ポピュラー曲(編曲)もあります。
          今回は「ルパン3世のテーマ」。
          セコンドパートは編曲者の意図で
          物凄く細かいリズムを刻みます。
          山季、必死で様々な刻みを練習。
          ポピュラーのカッコいいリズム!
          でも不得意な山季。
          だいたい「ルパン3世」は
          見たことも聞いたことも無し!
          よくご一緒する歌手の青木純さんが
          彼のコンサートで衣裳替えして、
          赤のジャケット、グリーンのタイで
          「ルパン3世!」と登場した時に
          会場がとても湧いたので、
          伴奏者としてステージにいた私は
          ‘なるほどそういうものなのか…’
          程度でした。
          ところが今度はお仕事!お仕事!
          で、満を持して
          連弾の合わせに行きました。
          どんなテンポなのかも、
          自分のパート譜しか読んでない私は
          旋律も分からない!
          サァ、どこからでもかかってこい!
          的な合わせをして…
          バッチリ!

          最初の合わせの後のパートナーの
          ひと言に自身、爆笑!
          彼は何と言ったか?
          「(山季の演奏は)ベートーヴェンの
          ようなルパン3世ですね」
          あははは…正確無比の刻み…
          聴けたものではないことは
          よ〜〜く分かります。
          でも、“こういう曲ね〜”
          と分かったので、もう大丈夫!
          ラフに弾きますョ。

          アナウンサーから女優に転身した
          八木亜希子さんが
          「滑舌が良すぎて台詞にならない」
          と言われたとか…
          なんとなくわかるような…

          それにしてもこんなことで
          「ベートーヴェンのような」
          と言われて、ベートーヴェン先生は
          心外の極みでしょうね。
          ベートーヴェン先生、
          ごめんなさい!

          山季布枝 * 山季の気まぐれブログ * 21:35 * - * - * - -

          OFF日

          0
            今月の墓参の後、久しぶりに
            大宮の氷川神社へ、
            1年のお礼参りに行きました。
            突然、仕事がキャンセルになり
            1日OFFになったからです。
            大宮氷川神社は武蔵の国の一の宮。
            久しぶりの参拝でした。

            まだ七五三詣も受付ていました。

            昨日の雨は?
            素晴らしい青空でした。

            吹き寄せ

            その後は日本橋へ行き、
            夕方には東京丸の内へ…
            ニコライ バーグマンの
            「花のツリー」




            このツリーを見ていたら
            その後ろに重要文化財の
            『明治生命館』があるのを発見。
            明治生命館の正面は
            知っていたものの…
            写メなど撮っていたら、ん?
            この建物1階のラウンジで
            コンサート!?

            My Plaza Joy Classic Concert
            クリスマス・オペラ・コンサート
            が17時からある、との告知。
            日墺文化協会と明治生命館の
            楽しいコラボ。
            本来は毎月、第3土曜日の
            17時から1時間
            無料開放のコンサートが開かれて
            いるようです。
            早速、昭和9年1934年に創建の
            館のラウンジへ。
            この建物も
            終戦後はGHQに接収されたそう。
            第一生命と同じですね。

            ラウンジのピアノは
            スタインウェイDでした。
            このコンサートの出演は
            “カンターレ2020”という
            だいたい30代の男女の歌手11名。
            二期会、藤原歌劇団、室内オペラ
            などに属している彼らが
            垣根を取り外して共に活動している
            そうです。
            まぁ思いがけない演奏会に遭遇し、
            素晴らしい空間に足ん踏み入れ、
            気分よく過ごしました。
            そして、終了時には
            とてもたくさんのお客様!
            立って聴くお客様の多いこと!

            プログラムは
            6曲のオペラのアリア、
            ミュージカルナンバーなどと
            最後は
            ベートーヴェンの第九の合唱の
            美味しいところだけ(笑)
            1時間、思いがけない音楽の時を
            過ごささていただきました。

            その後銀座へ出て、食事をして
            帰宅しました。
            久しぶりに良いお天気の中で
            寒い1日でしたが、
            ピアノの練習もせずに
            歩く!歩く!OFF日を
            気持ち良く過ごしました。
            山季布枝 * 山季の気まぐれブログ * 22:55 * - * - * - -
            このページの先頭へ