10月新庄MT

0
    毎回、三時起きの新庄出張の朝。
    そろそろ「寒さ」を感じる頃です。
    仕事の都合で2日連続での
    超早朝起床のため、新幹線内の
    爆睡度もレベルアップ(笑)
    毎回、車内で簡単に摂る朝食すら
    スルーして今朝は眠り込みました。

    目が覚めて車窓に広がるのは
    紅葉が始まった山々。
    あとひと月もすれば白い景色が
    広がり始めます。

    ピノキオ保育園、
    はぐくみ保育園の両園で、
    「音の高低(上下行)で前後に歩く」
    を初めて実施しました。
    はぐくみ保育園では
    ここ2〜3回で音階が覚えられたので
    いわゆるの聴音を実施!
    1点C(ド)を出したあと、次の音が
    何の音かを当てるのですが、
    耳(聴覚が新鮮!)が柔らかいから
    あっという間に出来るように
    なりました。

    はぐくみ保育園に伺った初回時、
    お歌もなかなか歌えなかったのに
    (生意気ながら申し上げれば)
    今や保育士さんたちの意識も変化し
    驚くほど沢山のお歌が歌えます。
    一回一回、一年一年の積み重ねの
    素晴らしさを実感します。

    ピノキオ保育園の今日の締めは
    私の独奏
    〈モーツァルトのトルコ行進曲〉
    で、思い切り自由に動く!
    山季の生演奏で飛んだり跳ねたり!
    とても楽しそう(*´∀`)♪
    私自身が羨ましいくらいです。

    高齢者施設では秋らしいお歌を
    たくさんお歌いいただきました。
    秋恒例の「紅葉」の輪唱で開始。
    今朝の車窓から見た
    可愛い真っ赤な林檎!
    「りんごの唄」はもちろんのこと、
    「旅愁」や「古賀メロディ」…

    「りんごの唄」で大笑いしたことが
    ありました。その昔…
    (とは言いたくないけれど!)
    木製のりんご箱を開けると…
    とまでお話をすると、
    若い介護スタッフたちが
    驚きの表情を示しました。
    まず「木箱」に驚き、
    「籾殻の中にりんごが」…
    が理解出来ず!
    逆に、利用者さんたちは、
    「籾殻…」に首をひねり…?!
    「えっ?」と私が驚くと、
    新庄あたりは「籾殻」を「糠」
    というそうです。
    「では、糠漬けの糠は?」と
    皆さまにお尋ねすると
    小糠(粉糠)というのだそう。
    面白いですね?
    「籾殻入りの枕」が存在したことも
    若者は知りませんでした。

    子どもが迅る思いで木箱の中の
    りんごを取り出そうとすると、
    籾殻が箱の外にこぼれて、
    親には「部屋を汚した」と怒られ、
    自分の手は籾殻でチクチクする、
    という思いを
    利用者さんと共有し、
    ますます遠くなる昭和を
    思いがけずに懐かしみました。
    山季布枝 * 山季の気まぐれブログ * 20:00 * - * - * - -

    天国行き?

    0
      自分でも苦笑したおバカなお話。

      数日前に、
      「嗚呼、とうとう行くのか?
      こんなに素晴らしい音楽に身体を
      包まれ、そして導かれて?
      それにしても、数本のホルンの
      あたたかい音。上手よね…
      あれ?以前よく聴いていたこの曲、
      誰の作品だったっけ?
      それにしてもイイ感じで行けるわ。
      でもちょっと、うるさいな…
      この曲…?どこのオケ?
      音量下げたいな…」
      と身を起こして気がついた!
      テレビを点けっぱなしで
      眠っていた深夜のことです。
      某オーケストラでブルックナーの
      4番のシンフォニーでした。
      現実に戻って、ひとり苦笑!
      あ〜、こういう風にお迎えがきたら
      いいなぁ…
      もちろん、まだちょっと
      行きたくないけれど(笑)
      山季布枝 * 山季の気まぐれブログ * 14:00 * - * - * - -

      嬉しい転送メール

      0

        ロンドンでのコンサートを
        サポートしてくださる方から
        「以下のメールが届いたので」
        と、転送していただきました。
        とてもとても嬉しいメールでした。
        毎年、イギリス人のお客様と
        旧知の日本人のお客様。そして
        存じ上げない日本人のお客様が
        おいでくださっていて、その中の
        お客様からのメールでした。
        嬉しいメールだったので、
        皆さまにもお読みいただきたいと
        思い、ご本人の許可を得ず(笑)
        ご紹介させていただきます。

        *****
        ご担当者 様
        はじめまして。
        突然のメール失礼いたします。
        Nobueさんのコンサート、
        最初に開催された2016年、
        そして2回目の2017年も
        参加させていただきました。
        曲目もとても親しみやすく
        楽しめる内容だったのと
        Nobueさんの完璧な演奏、
        曲の間の説明での素敵な人柄で
        2年目も行ったのですが、
        Nobueさんは最後、
        (会場出口の)ドアのところで
        挨拶しているときに私を覚えて
        くださっていて、
        (2年ともイタリア人の友達と
        一緒に行きました)Nobueさんに
        「また来ます」と言ったのですが、
        YMSのビザ2年が終わり、
        今年は残念ながら行くことが
        出来ません。
        今はエストニアに在住してるので
        行こうと思えば行けたのですが、
        情報確認が遅くなり、残念ながら
        ロンドンに一時訪問の予定が
        今年は少しずれてしまいました。
        来年は是非行きたいと思います。
        Nobueさんのコンサートの情報は
        1ヶ月前くらいに出ますか?
        今年は行けないですが、
        Nobueさん頑張ってください
        と、よろしくお伝え下さい。
        演奏も、ホール(演奏会場)も
        毎年とても素敵で、また来年
        行けることを楽しみにしてます。
        *****
        単純な私にとって
        やる気アップ!
        の嬉しいメールでした。
        山季布枝 * 山季の気まぐれブログ * 23:00 * - * - * - -

        すっかり変わる

        0
          今朝方は寒くて目が覚めました。
          すっかり秋ですね。

          市中はハロウィンカラーに
          染まりつつあります。
          ハロウィン…少々馴染めない私。

          冬の土用に入る前に…と
          植木の手入れこそしませんが、
          大きな物の移動、
          秋冬衣類の入れ替え、
          暖房機器を出してのメンテナンス!
          をしました。
          つい2〜3ヶ月前までの
          あの猛暑、酷暑、炎暑が
          記憶からすっかり消えています。
          人間って不思議です(苦笑)

          さてさて世の中には様々な職業が
          (職業?と言えるのかな?)
          あるものです。
          就職活動の時期も
          徐々に自由化されるようですが。

          地上げ屋…なる職業名が賑やかに
          聞こえていた時期がありました。
          それが今日、
          地面師…なる職業名をニュースで
          知りました。
          何をする職業かな?
          土地の所有者になりすます詐欺師!
          それもグループで構成され、
          役割分担の中には“演技指導者”も。

          ボーッと生きているんじゃない!
          と、お叱りの声が飛んできそうな
          ラフな生活感に浸る私…
          「ひとつのことを続けること」
          しか出来ない身にとっては
          よそ見も出来ず…です。
          すっかり様々.変貌しますね…
          山季布枝 * 山季の気まぐれブログ * 21:20 * - * - * - -

          築地と変貌

          0
            昨日、所用で出かけた際に
            築地場外市場を覗いてきました。
            浜離宮ホールへ行く時に横目で
            見るくらいで、私は築地市場とは
            あまり縁はありませんでした。
            寧ろ、母の人生に生じた数回の
            入院先が聖路加国際病院だったので
            入院する度、毎日通った築地です。

            噂には聞いていたものの、
            築地場外のお客の9割は
            外国人観光客!
            それも圧倒的に中国をはじめとする
            アジア人でした。
            場外市場の看板も、もちろん
            オリジナル看板はありますが、
            ほとんど読めない字の看板や貼紙!
            に変わってしまっています。
            ここは日本よね!と確認しなければ
            ならないほどの変貌ぶり。
            私の知っていた日本が
            そこにはなくなっていました。
            日本語は聞こえてこない状態。
            お店の従業員さんたちも、
            日本人客への対応はほとんど無し!
            アジア以外の外国人観光客も
            なんなく肩身がせまそう…(笑)

            日本を訪問していただけることに
            感謝すべきでしょうが、
            「2020の東京オリンピック対応」と
            市中の看板(指示標識)も、
            外国人に分かりやすい絵?に
            変えていこう!との方針で
            変更されている聞きました。
            それが21世紀の「おもてなし」
            なのでしょうか?

            日本文化からなる感覚的な
            日本オリジナル標識を、
            万国民が初めから理解できる標識に
            わざわざ換える必要があるのか?
            そう思うのは私だけでしょうか?
            明日、豊洲市場が始まります。
            山季布枝 * 山季の気まぐれブログ * 22:25 * - * - * - -
            このページの先頭へ