100年記念

0
    ロンドンでの演奏は
    昨年も同じ時期だったのですが
    ロンドンの市中で沢山見かけた
    ポピーの花。
    ポピーの花が咲いている訳ではなく
    ポピーの花のバッチやピン、
    造花もあれば手作りのものも…
    今年は去年よりもっと賑やかに
    そしてとても多くの人が胸に
    大小様々なポピーの花を付けて
    いました。
    テレビでもインターネットでも
    放映するポピー関連のニュース。
    《第一次世界大戦終結100年》
    その日が11月11日だったのです。

    戦場に露と消えた魂をポピーの花に
    見立てています。
    昨年もエリザベス女王が記念碑に
    献花しているお姿を
    テレビを通して拝見しましたが
    今年は数日前からそのテーマでの
    番組が多く、当日はテレビでも
    ロンドンでの慰霊祭や
    慰霊大会の様子が放送さらました。
    曽祖父が、祖父が、叔父(伯父)が、
    と、
    その末裔たちが悼んでいました。
    彼らの胸には犠牲となった先祖が
    叙勲した勲章がありました。

    そういう時期に私が毎年訪れている
    その意味を考えました。
    平和だからこそ、
    海を渡ってまで
    音楽が出来ることの有難さ!
    感謝しなければなりません。

    ブログをお読みの方から、
    写真はないの?
    とお尋ねがありました。
    ちょっとご紹介しましょうね。


    この瞬間だけ青空のグリーンパーク


    私がお世話になっている
    練習スタジオのあるSCHOTT


    コンサートにお集まりのお客様
    山季布枝 * 山季の気まぐれブログ * 21:25 * - * - * - -

    第3回目となる

    0
      ロンドンでリサイタルを迎える
      前晩はやはり時差のため、
      継続した睡眠はとれません。
      でも疲労感は(緊張のためか?)無く
      むしろ毎回、会場へ向かう前、
      “午後3時入りまでどう過ごそう…”
      が悩みのタネなのです。
      ホテルはお掃除も入るし…
      本番前に
      疲れたくない!
      何より
      冷えたくない!
      昨年はハイドパークへお散歩に行き
      あまりに広いので迷子になり、
      焦り狂いました(苦笑)
      今年はお馬鹿なことは
      繰り返せないので
      ちょっとだけお買い物に(笑)

      一昨年、昨年の2回は、
      ロンドンの後はライプツィヒに
      直行していました。
      昨年はメンデルスゾーンハウスの
      本館のコンサート会場にある
      ベーゼンドルファーピアノに
      正直、うっとり酔いました。
      大変コンディションの良い楽器で
      豊かな響きを楽しみながら演奏し、
      様々な学びがありました。

      残念かな、今年は日程的に
      会場と私の都合がつかず
      ロンドン⇔東京の往復と
      相なったので、少し気楽でした。

      本番前、リハーサルを終えると
      あっという間に本番を迎えました。
      マネージャーのグレン氏は
      細やかな配慮をしてくださる方。
      安心してお任せできますが、
      それにしてもご機嫌麗しく…?
      昨年に比べ、私の新規のお客様が
      だいぶ増えたことを
      彼はとてもお喜びくださいました。
      そういうことも手伝ってか、
      前日、リハーサルを終えた後、
      来年2019年の
      演奏契約を結んでくださいました。
      そのことが私のモチベーションを
      上げました!
      ギリギリに会場に駆け込んできた
      若いカップルに入り口で遭遇。
      短い言葉を交わして
      「とても楽しみ!」
      という嬉しい言葉をいただき…。

      毎回、コンサートのプログラムは
      グレン氏がお作りくださいますが、
      拙い…(それ以下の) 私の英語で
      なぜ今回のプログラムに至ったか
      自分が弾きたかった曲の作曲家の
      横顔をチラリとお話ししました。

      お客様のお一人に
      「昨年より英語が上手だった」
      とおっしゃっていただき
      ピアノを褒められるより…\(^-^)/
      ハイドン、ベートーヴェン、
      そして休憩は20分。その間、
      お客様は2階のバーカウンターで
      お好きなお飲み物を
      召し上がっています。
      3階の控え室に居る私に向かって
      階下から私への、有り難い声が
      聞こえました。

      後半はシューベルトとショパン。
      昨年はアンコールが5曲!
      今年は2曲だけ!
      と頑張りました(笑)が、温かい、
      本当に温かい拍手を沢山いただき
      短いスピーチを挟んで
      ショパンの嬰ハ短調の遺作の
      ノクターンを…
      これが大変良かったようで
      終了後、お客様から沢山の
      お声がけをいただき、
      来年もあのショパンを聴きたい!
      とおっしゃっていただきました。
      また、初めてのお客様には
      「貴女の音は聴いたことのない音。
      アメージング!」の連発でした。
      また、
      「冷たいという意味ではなく、
      物凄く透明な美しいガラス玉の
      ような音。
      そのたくさんのガラス玉が
      天から降って来て、私の身体の
      すべての細胞に浸み込むような
      イメージですね」
      勿体ないご感想を賜りました。
      有り難いことでした。
      特に、ハイドンとシューベルトが
      好評でした。
      それについてはまた…
      山季布枝 * 山季の気まぐれブログ * 23:10 * - * - * - -

      ご縁

      0
        ヴィヴィアン・リーと
        ロバート・テイラー主演の
        1940年に公開された映画「哀愁」
        あの舞台はウォータールー駅です。
        ヴィヴィアンは好きな女優です。
        そして…

        幼い頃、私の人生で2回目となった
        ピアノ発表会の演奏曲は
        「ウォータールーの戦い」
        という曲でした。
        一緒にお習いしていた女の子の
        お友だちは「乙女の祈り」とか、
        女子の憧れの曲ばかりを
        いただくのに、なぜ私は
        “戦いの曲”なのかなぁ…と。
        先生に変えて欲しいとは言えず、
        かといって
        身体はまだ小さかったのですが
        手指は長かった私なので、
        「カッコいい」という言葉は当時
        ありませんでしたが、なんとなく
        上手に弾けるかな…と淡い期待は
        正直もっていました。

        その曲の演奏から半世紀以上あと
        まさかその「ウォータールー」駅
        至近の演奏会場に縁を得て
        3年連続でリサイタルを開催させて
        いただけるなんて…
        宇宙は私に“面白い台本”を
        書いてくれているのだな、と
        にやけてしまいます。

        ロンドンのヒースロー空港に到着。
        初回からお手伝いくださる
        B・多恵子さんの迎えでホテルへ。
        最近は車を使わず地下鉄利用。
        ロンドン市内に数多あるホテルも
        自分の都合に合うホテルには
        なかなか出会えません。
        新しい5星ホテルでも
        素敵な「シャワーのみ」という
        タイプが多くなったこの頃。
        やはりロンドンの暖房環境は
        もっと寒いウィーンやドイツで
        生活した者には、
        とても寒く感じられ、安心して
        暖かい空間に身を置きたい欲求が
        積もり積もるのです(笑)
        今回は不便な箇所もありましたが
        ピカデリーラインの駅から直ぐ!
        という地の利を考えれば、
        ベッド、暖房、バスルーム…
        には不満はありませんでした。
        以前も今回のホテルのすぐ近くに
        投宿したので、慣れもあり、
        ほぼ快適に過ごせました。

        到着翌日は演奏会場の
        マネージャーのご厚意で午後、
        たっぷりと会場で練習させて
        いただきました。
        山季布枝 * 山季の気まぐれブログ * 11:10 * - * - * - -

        ありがとうございました。

        0
          お陰様で昨晩、ロンドンから
          無事に戻りました。
          3年連続でリサイタルを開催!
          新しいお客様も徐々に増えて
          嬉しい限りです。
          来年の契約も結ぶことができ
          ホッとしております。

          出発前はギリギリまで
          生徒さんのレッスン
          (生徒たちも本番を控えています)や
          帰国後直ぐの仕事の準備で
          ブログも更新できませんでした。

          預けたスーツケースが一緒に来ない
          こともままあるので、毎回、
          演奏会に必要なもの、そして
          1泊分の必需品は全て手荷物で
          持って搭乗します。
          いくら飛行機が運んでくれる
          というものの、
          預け入れ、
          積み込み、
          受け取り…は当たり前ですが
          自分でしなければなりません。
          その総重量は40キロ弱…
          腰も腕も手指もパンパンに
          張ってしまいます。
          それで着いた日、若しくは翌日から
          ピアノを弾かなければなりません。
          専属付き人も無し。
          しかし、好きでやっていること。
          弱音は絶対に吐けません(苦笑)

          正直、荷物には湿布薬は10箱!
          それに伴い鋏に絆創膏や塗り薬、
          漢方薬、使い捨てカイロ…
          万全に演奏会に臨む為のグッズは
          相当の量です。
          それに衣装、演奏会用靴から小物、
          もちろん楽譜や読書の為の本!
          風邪をひかない為の様々なもの…
          ピアニストは楽器を運ばないだけ
          まだまだ超楽チンです。
          でも時差を超えて世界中を飛び回る
          〔年配〕演奏家には、それだけで
          脱帽!拍手喝采!尊敬します!
          フライトは直行便で13時間…
          お陰様でとても楽になりました。
          家の玄関からホテルまでとすると
          20時間を優に超えます。
          いくら搭乗クラスが良くても、
          同じ姿勢で飛行機の中に居るのは
          疲れます。
          姿勢が崩れるとやはり身体全ての
          バランスが狂います。

          若い頃はへっちゃらでした。
          ぴょんぴょん飛び回っていた頃は
          飛行機に乗り継ぎ乗り継ぎ…
          とても長い旅でしたね(笑)
          1日半以上、もっとかかりました。

          今回も演奏させていただき、
          無事に終わって拍手をいただくと
          その疲れも吹き飛びます。
          ピアニストで良かった!と
          この歳になってつくづく思います。

          とりあえず今日は
          無事に帰国したご報告です。
          明日以降、また認めます。
          応援、ご支援をいただき
          ありがとうございました。
          山季布枝 * 山季の気まぐれブログ * 22:40 * - * - * - -

          文化の日

          0
            文化の日…
            文化ねぇ
            あらためて考えてみたら、
            明確に答えられない自分に驚き!

            インターネット検索をすると
            簡単な説明を選ぶと
            「人が作り上げた生活様式のこと」
            と…ん?

            広辞苑をひろげると
            "人間が自然に手を加えて形成して
            きた物心両面の成果"
            "人間の精神的生活に関わるものを
            文化"、
            “技術的判手のニュアンスが
            強いものを文明”と区別する、
            と。

            学問、芸術、道徳、宗教、
            技術、政治こそ明らかに文化!
            とは分かり易いけれど、
            やはり自分たちの生活の中の
            当然の習慣や、思考を含めた流行も
            文化というのでしょうね。
            現時点で私を取り巻く文化は
            どうも馴染めないなぁ…と
            平成の御代の最後の文化の日に
            ひとり思う次第…(苦笑)
            山季布枝 * 山季の気まぐれブログ * 21:25 * - * - * - -

            霜月です

            0
              ついこの間、『10月神無月です』
              と認めたばかり…
              それなのに『もう霜月です』と
              綴らなければならなくなりました。

              昨日はハロウィン!
              渋谷のスクランブル交差点での
              狂気的な集合体に呆れたのは
              私だけではないと思います。
              ハロウィンの意味を知る人が
              どれくらいいたのでしょうね。
              その上、31日から1日になった時に
              酉の市がスタート!
              今年は三の酉まであるので、
              家事が多いといわれていますね。
              雪国では、やれ
              カメムシが大量発生!
              カマキリの卵が木の高いところに
              産み付けられている!
              云々と、大雪の予測。
              暖冬であっても
              降雪量が多いことはあるし、
              厳冬でも
              降雪量が少ないこともある。
              本当に毎日を普通に過ごせたら
              御の字ですね。
              年賀状、クリスマスカード、
              お歳暮の心配、おせち料理の心配が
              始まりますね。
              皆さま、
              お風邪をお召しになりませんよう
              御身お大事になさってください。
              今月もよろしくお願いいたします。
              山季布枝 * 山季の気まぐれブログ * 22:25 * - * - * - -

              徒然なるままに

              0
                このところ、ゆっくり書店に
                入り浸る余裕が無い私は
                有り難いことに生徒さんから
                お勧めいただいて、
                手にする本が結構あります。

                今回はお勧め…というより
                その生徒さんがお読みになって、
                「山季先生がおっしゃったこと、
                それがそのまま記されていました」
                というお話でしたので、
                ものを知らない私は
                そのお若い生徒さんに
                何という本かを尋ねました。
                すると【徒然草】とのお答え!
                そして自身、苦笑。
                中学校?高校?でお習いした
                【徒然草】です。
                さっそく購入しようと試みるも
                その現代語訳は絶版!
                どうしたものか?と思いあぐね
                別の読書家の生徒さんにお話しし、
                Amazonで探していただき
                購入してもらいました。

                【徒然草】は吉田兼好の随想録、
                いわゆる思想書。
                その吉田兼好も間違えで
                卜部兼好(かねよし)、
                のちに出家して
                法名が兼好(けんこう)なのだ
                とも知らず…
                この家が後世になって吉田姓を
                名乗ったから吉田兼好!…とは

                大伴茫人 編(ちくま文庫)
                現代語訳でも何度も何度も
                繰り返し読み…
                ふ〜ん(笑)程度です。

                その第150段「芸能の身につけ方」

                芸能を身につけようとする人が
                「うまくできないうちは、
                なまじっかこういう事を
                していると人に知られまい。
                こっそりと十分に習得してから
                人前に出るのこそ、
                たいそう人も感心するだろう」と、
                必ず言うようだけれど、
                そういうことを言う人は、
                一芸も習得することができない。
                まだまったく未熟なときから、
                上手な人たちの中に交わって、
                馬鹿にされ笑われても恥ずかしく
                思わず、平気な顔で過ごしながら
                その芸を好んで励む人が、
                生まれつきの才能がなくても、
                中途で止まらず、
                自分勝手なことをせずに
                年月を送れば、
                能力のあって励まない人よりは、
                最終的に上手の位に至りつき、
                人徳も備わって、
                世間の人に認められて、
                並ぶ者のない名を得ることだ。
                天下に認められた
                芸の上手であっても始めのうちは、
                才能がないという評判もあり、
                話にならないほどの欠点もあった。
                けれどもその人が、
                その道の決まりを正しく守り、
                これを重んじて
                勝手気ままなことをしなければ、
                世の模範として、
                万人の師となることは、
                どの道でも
                変わることのないはずだ。


                その道の決まりを正しく守り
                勝手気ままなことをしない
                これは本当にすべての道に通ずる
                ことですね。

                この年齢になったからこそ
                日本の古典文学が楽しく読める
                のかもしれません。
                ちょっと嬉しい…
                山季布枝 * 山季の気まぐれブログ * 22:35 * - * - * - -

                10月新庄MT

                0
                  毎回、三時起きの新庄出張の朝。
                  そろそろ「寒さ」を感じる頃です。
                  仕事の都合で2日連続での
                  超早朝起床のため、新幹線内の
                  爆睡度もレベルアップ(笑)
                  毎回、車内で簡単に摂る朝食すら
                  スルーして今朝は眠り込みました。

                  目が覚めて車窓に広がるのは
                  紅葉が始まった山々。
                  あとひと月もすれば白い景色が
                  広がり始めます。

                  ピノキオ保育園、
                  はぐくみ保育園の両園で、
                  「音の高低(上下行)で前後に歩く」
                  を初めて実施しました。
                  はぐくみ保育園では
                  ここ2〜3回で音階が覚えられたので
                  いわゆるの聴音を実施!
                  1点C(ド)を出したあと、次の音が
                  何の音かを当てるのですが、
                  耳(聴覚が新鮮!)が柔らかいから
                  あっという間に出来るように
                  なりました。

                  はぐくみ保育園に伺った初回時、
                  お歌もなかなか歌えなかったのに
                  (生意気ながら申し上げれば)
                  今や保育士さんたちの意識も変化し
                  驚くほど沢山のお歌が歌えます。
                  一回一回、一年一年の積み重ねの
                  素晴らしさを実感します。

                  ピノキオ保育園の今日の締めは
                  私の独奏
                  〈モーツァルトのトルコ行進曲〉
                  で、思い切り自由に動く!
                  山季の生演奏で飛んだり跳ねたり!
                  とても楽しそう(*´∀`)♪
                  私自身が羨ましいくらいです。

                  高齢者施設では秋らしいお歌を
                  たくさんお歌いいただきました。
                  秋恒例の「紅葉」の輪唱で開始。
                  今朝の車窓から見た
                  可愛い真っ赤な林檎!
                  「りんごの唄」はもちろんのこと、
                  「旅愁」や「古賀メロディ」…

                  「りんごの唄」で大笑いしたことが
                  ありました。その昔…
                  (とは言いたくないけれど!)
                  木製のりんご箱を開けると…
                  とまでお話をすると、
                  若い介護スタッフたちが
                  驚きの表情を示しました。
                  まず「木箱」に驚き、
                  「籾殻の中にりんごが」…
                  が理解出来ず!
                  逆に、利用者さんたちは、
                  「籾殻…」に首をひねり…?!
                  「えっ?」と私が驚くと、
                  新庄あたりは「籾殻」を「糠」
                  というそうです。
                  「では、糠漬けの糠は?」と
                  皆さまにお尋ねすると
                  小糠(粉糠)というのだそう。
                  面白いですね?
                  「籾殻入りの枕」が存在したことも
                  若者は知りませんでした。

                  子どもが迅る思いで木箱の中の
                  りんごを取り出そうとすると、
                  籾殻が箱の外にこぼれて、
                  親には「部屋を汚した」と怒られ、
                  自分の手は籾殻でチクチクする、
                  という思いを
                  利用者さんと共有し、
                  ますます遠くなる昭和を
                  思いがけずに懐かしみました。
                  山季布枝 * 山季の気まぐれブログ * 20:00 * - * - * - -

                  天国行き?

                  0
                    自分でも苦笑したおバカなお話。

                    数日前に、
                    「嗚呼、とうとう行くのか?
                    こんなに素晴らしい音楽に身体を
                    包まれ、そして導かれて?
                    それにしても、数本のホルンの
                    あたたかい音。上手よね…
                    あれ?以前よく聴いていたこの曲、
                    誰の作品だったっけ?
                    それにしてもイイ感じで行けるわ。
                    でもちょっと、うるさいな…
                    この曲…?どこのオケ?
                    音量下げたいな…」
                    と身を起こして気がついた!
                    テレビを点けっぱなしで
                    眠っていた深夜のことです。
                    某オーケストラでブルックナーの
                    4番のシンフォニーでした。
                    現実に戻って、ひとり苦笑!
                    あ〜、こういう風にお迎えがきたら
                    いいなぁ…
                    もちろん、まだちょっと
                    行きたくないけれど(笑)
                    山季布枝 * 山季の気まぐれブログ * 14:00 * - * - * - -

                    嬉しい転送メール

                    0

                      ロンドンでのコンサートを
                      サポートしてくださる方から
                      「以下のメールが届いたので」
                      と、転送していただきました。
                      とてもとても嬉しいメールでした。
                      毎年、イギリス人のお客様と
                      旧知の日本人のお客様。そして
                      存じ上げない日本人のお客様が
                      おいでくださっていて、その中の
                      お客様からのメールでした。
                      嬉しいメールだったので、
                      皆さまにもお読みいただきたいと
                      思い、ご本人の許可を得ず(笑)
                      ご紹介させていただきます。

                      *****
                      ご担当者 様
                      はじめまして。
                      突然のメール失礼いたします。
                      Nobueさんのコンサート、
                      最初に開催された2016年、
                      そして2回目の2017年も
                      参加させていただきました。
                      曲目もとても親しみやすく
                      楽しめる内容だったのと
                      Nobueさんの完璧な演奏、
                      曲の間の説明での素敵な人柄で
                      2年目も行ったのですが、
                      Nobueさんは最後、
                      (会場出口の)ドアのところで
                      挨拶しているときに私を覚えて
                      くださっていて、
                      (2年ともイタリア人の友達と
                      一緒に行きました)Nobueさんに
                      「また来ます」と言ったのですが、
                      YMSのビザ2年が終わり、
                      今年は残念ながら行くことが
                      出来ません。
                      今はエストニアに在住してるので
                      行こうと思えば行けたのですが、
                      情報確認が遅くなり、残念ながら
                      ロンドンに一時訪問の予定が
                      今年は少しずれてしまいました。
                      来年は是非行きたいと思います。
                      Nobueさんのコンサートの情報は
                      1ヶ月前くらいに出ますか?
                      今年は行けないですが、
                      Nobueさん頑張ってください
                      と、よろしくお伝え下さい。
                      演奏も、ホール(演奏会場)も
                      毎年とても素敵で、また来年
                      行けることを楽しみにしてます。
                      *****
                      単純な私にとって
                      やる気アップ!
                      の嬉しいメールでした。
                      山季布枝 * 山季の気まぐれブログ * 23:00 * - * - * - -
                      このページの先頭へ