東南アジア化

0
    東南アジアへ行ったことがないので
    実際のところ、人様のお話に
    耳を傾けるだけですが、
    「日本はもはや東南アジア並み!」
    と皆さまはおっしゃっる…
    雨の降りかた、風の吹きよう、
    雨量、気温、湿度…
    この時期、私は相変わらず
    「湿度調整」に明け暮れるだけ。

    屋久島の「50年ぶりの大雨」報道に
    本当に50年前はあれほどの
    大雨だったのかしら?
    私の記憶には無いワ…(苦笑)
    「まだ生まれてなかった」
    とは…うそぶけず(嘯く←と書く!)

    本当に驚いたのは大雨ではなく
    300人以上の登山客がそこに
    居たことです。
    確かに縄文杉には惹かれるけれど
    人ひとりが入っても、
    自然界は荒れます。
    観光収入も理解できるけれども
    誰も彼もが何処へでも行ける…
    という時代。
    「自然界」が危機感を抱いて
    大雨を降らせ、
    嫌がっているような気もします。
    5月半ば過ぎというのに、
    暑い一日でした。
    今週末までには気温がもっと上がり
    真夏日が続くそうです。
    そして、それも長期とか…
    皆さま、御身大切!
    体調管理に集中しましょうね!
    山季布枝 * 山季の気まぐれブログ * 23:10 * - * - * - -

    やりたい?やりたくない?

    0
      毎日どこからか送信される(笑)
      「ネイティブが本当に使う
      日替り英語」を愛読?して
      そろそろ1年になります。
      いつかノートに書き出そう!
      と思いながら、毎日目を通して、
      自分の携帯の保管場所に
      どんどん「コピペ」しています。
      脳にペーストしていないのが
      何とも情け無い!
      でも一度でも読んでおけば…
      くらいの気持ちです。でもそこには
      時々楽しいメッセージも添えられて
      いて、これがまた良いのです(笑)
      今日は「bucket list 」
      説明は色々ありますが、どうやら
      「死ぬまでに達成したい
      ことのリスト」らしいのです。

      【編集後記】に
      「やりたいことリスト」を作成した
      ことはありますか?
      =中略=
      とはいえ「やりたいこと」が
      わからない人も多いと思います。
      そんな人には
      「やりたくないことリスト」作成を
      オススメします。
      なぜなら
      「やりたくないこと」の反対側が
      「やりたいこと」だからです(笑)
      「やりたくないこと」を
      リストアップしていくと
      「あれ、私はやりたくないのに
      何故こんなことやってるんだろう。
      と、無意識に「やりたくないこと」
      をしている自分に気づかされます。
      というわけで、
      「That's on my bucket list.
      <死ぬまでに達成したい。>」
      ということが思い浮かばない人は
      ぜひ「やりたくないこと」を
      リストアップしてみてください。


      というもの。
      時代は変わったのか、私は
      「やりたくないこと」を具体的に
      口にするのも憚られたし、
      『人が「やりたくないこと」は
      率先してやりなさい』
      とまで言われ
      なんでしょうね〜あははは…(笑) 「やりたくないこと」より
      「やらねばならないこと」
      ばかりに囲まれている私です。
      山季布枝 * 山季の気まぐれブログ * 18:50 * - * - * - -

      愉しいお呼ばれ

      0
        実に久しぶりに昨日、
        お人様のお宅にお呼ばれしました。
        外出…といえば
        必ずピアノ演奏が含まれる
        仕事、演奏会…
        たとえ結婚式にお呼ばれしても
        必ずピアノ演奏が伴うので、
        リラックスした「お呼ばれ」は
        ほとんどありません。
        ましてパーティーは気持ちが重く…
        昨春、知人の還暦祝いの
        大パーティーに伺ったのが最後?
        練習…が常に頭を過ぎるので
        「それなら家で練習!」
        心ここにあらずでは申し訳ないので
        割り切ってパーティー出席は
        ご遠慮しています(笑)
        ホントは楽しみた〜い?(*´?`*)?

        生徒さんが4年前に購入された
        ベヒシュタイン・ピアノを触りに?
        お伺いすることになりました。
        別の生徒さんたちがご配慮くださり
        何の心配もなく、送り迎え付きで
        楽々とお伺いしました。

        素晴らしい住環境の中、
        植え込みのツツジが美しく、
        新緑が眩しい気持ちの良い日。
        昼食は全て彼女ひとりで
        ご用意くださり、ご主人様は
        穏やかな会話と細やかなサービスを
        してくださいました。
        美味しい食事と愉しい会話を堪能し
        食後のデザートを味わいながら
        ひとりがピアノを弾きはじめ、
        何の思いもなくその演奏を楽しみ
        次々と、思い思いに集った人が
        ピアノを弾く…
        とても楽しかったです。
        シャンパンもしっかりいただき
        口も指も滑りが良くなり(笑)
        私もピアノに
        触らせていただきました。
        皆さんは好き勝手にお喋り。
        この雰囲気、わ〜ぁイイなぁ…
        と勝手に楽しんピアノを
        触らせて(笑)いただきました。
        こういう楽しみ方は最高ですね。
        日頃、我慢しているからこそ
        楽しかったのだろうと思います。
        平和な世の中だから出来ること。
        ただただ感謝です。
        山季布枝 * 山季の気まぐれブログ * 18:00 * - * - * - -

        令和時代幕開け

        0
          平成の大晦日も大過なく過ぎ、
          令和時代の幕が開きました。
          明治、大正、昭和、平成、
          そして
          令和のその初日の5月1日に
          お誕生日を迎えになった女性が
          TVに出演していました。
          素晴らしいですね。

          新天皇と新皇后も、
          お立場に立たれたその瞬間から
          オーラがお変わりになった!
          と、私はテレビニュースで拝察し、
          勝手に感じました。

          イギリスでは新天皇が1983年から
          2年間留学したオックスフォード大
          マートンカレッジが
          新天皇の即位を祝い、
          カレッジの旗を掲揚して、
          構内の礼拝堂にある約10個の鐘を
          15分間鳴らしたとか。
          喜ばしく嬉しいことですね。

          当然のことながら、
          戦争はもちろんのこと、
          国家間、民族間の争いがなく、
          穏やかで落ちついた
          平和な日々が続く時代であることを
          願います。
          山季布枝 * 山季の気まぐれブログ * 13:00 * - * - * - -

          平成時代の最終日

          0
            元号が変わることによる
            世間の盛り上がりを、
            それどころではない!
            と、横目でみていた私です。

            今日で平成が終わる、
            という感慨より、
            天皇・皇后両陛下には
            本当にお疲れ様でございました!
            と、胸が熱くなるほど深い
            感謝の気持ちでいっぱいです。

            平成最終日と
            新元号「令和」初日は
            雨模様ですね。
            涙雨なのか、清めの雨なのか…

            「平成を振り返る」企画が
            たくさん報道されていますが、
            こういうことでもなければ
            私自身の31年を振り返ることは
            無いかも知れない、と
            ふとした時に平成時代の自分を
            思い返しています。

            10連休など夢のまた夢…
            でも、無事に過ごせた31年に
            心からの感謝をします。
            「令和時代」を健康に、
            益々行動的に
            そして
            少しゆったり動きたい!
            と思います。
            山季布枝 * 山季の気まぐれブログ * 14:15 * - * - * - -

            凄い人、人、人…

            0
              ほんのちょっと、所用があり
              本日午後3時頃渋谷へ参りました。
              何ごとがおきたのか?!
              と思うほどの大勢の人…人…人
              到底、普通には歩けません。

              4月末日の渋谷で予定されている
              「平成→令和のカウントダウン」は
              一体どうなるのでしょう!
              また、多くの外国人観光客は
              「委細承知の上での東京観光!」
              なのでしょう!
              あの芋洗状態を、とても楽しんで
              いるように見受けしました(苦笑)

              何処へも行かず…が安泰!
              時代の転換シーンを
              静かに見守りたい心境です。
              山季布枝 * 山季の気まぐれブログ * 20:30 * - * - * - -

              知らなかったこと

              0
                急に冬のように冷え込んだ今日、
                久しぶりに「馬に乗りたい」
                という妹に付き合って、予約した
                某乗馬クラブに朝から行きました。
                妹と母は乗馬好きでした。
                母は70歳を過ぎてから乗馬を始め
                病気にならなければ、
                90歳を目前にする今でも
                乗馬に熱を注いでいたでしょう。

                お馬さんは可愛いのですが、
                高所の苦手な私は見物だけ…
                でも馬のそばに居るだけで
                とても心地よいです。
                馬の頭を撫でたり、
                馬の瞳を見ているだけで
                本当に癒されます。

                乗馬がひと通り終わってから
                厩舎に戻ったお馬さんに
                持参する「ご褒美の人参」を
                やるのが、これまた楽しい!
                馬は色が分かるそうですね。

                乗馬後、スタッフとはいろいろな
                話をします。
                今日、妹が騎乗した馬は宮城の
                乗馬クラブから来たとのこと。
                東日本大震災の時に、その馬は
                偶然にも繋がれていなかった…
                乗馬クラブももちろん被災。
                津波にのまれ、
                数匹の馬は海に流され…
                しかし、馬は泳ぎが上手いので、
                冷たい海で泳いでいたそうです。
                今日のお馬さんは運良く
                救助された幸運な馬でした。
                クラブ内でその時、繋がれていた
                多くの馬たちは逃げられず…

                当時の被災報道に、そのような件を
                見つけることはなかったので、
                今頃になって知り心を痛めました。

                お休みは今日だけ…
                とても冷えたけれど、
                リラックスした1日でした。
                山季布枝 * 山季の気まぐれブログ * 21:15 * - * - * - -

                4月の新庄MT

                0

                  23日に山形新庄へ参りました。
                  東京から大宮…徐々に北上して
                  福島あたりは春らしい空気を
                  車窓から感じました。
                  米沢あたりはすっかり雪も消え…

                  山形駅周辺は桜も終わりに近い!
                  サクランボ東根周辺は正に春爛漫!
                  山桜の群生の山は、それはそれは
                  お見事!
                  山桜、ソメイヨシノ、
                  サクランボの花、レンギョウ、
                  水仙の花の群生!チューリップ…

                  ところが村山あたりは
                  桜もようやく開花…
                  大石田は?
                  そして終点新庄は…
                  4月半ばまで、ある日は15センチ、
                  ある日は20センチの降雪があり
                  3月の暖かさが嘘のようだったと…

                  この日の新庄は、
                  日当たりの良い場所の桜は
                  2〜3分咲き。
                  う〜ん…。
                  ところが、その一日はとても良い
                  お天気でした。それ故からか
                  帰る頃は7〜8分咲き!
                  見事なまでに、一瞬で春!
                  朝見かけたコブシの花も
                  ひらり、と咲いていました。

                  子どもたちは新年度に入って
                  お教室の移動、先生の交代…などで
                  どうしても落ち着きません。
                  それでも「元気」です。
                  新しいお友達も増えて、
                  また、二ヶ所目の保育園では
                  吸収力の高い年中&年長さんの
                  35名の幼児リトミックを
                  お手伝いすることになり、
                  仕込むことも変わってきました。
                  まだまだ勉強です。

                  高齢者施設では、
                  東京ならば先月末にも歌えた歌が
                  新庄では4月末にやっと歌える曲が
                  たくさん有ります。
                  「さくらさくら」はもちろん、
                  「春が来た」など、
                  春たけなわのお歌を10曲余、
                  元気にお歌いいただきました。

                  来月末は新庄周辺の田植えも終わり
                  晩春から初夏のお歌を揃えて
                  おもちしてお伺いする予定です。
                  久しぶりに良い空気を吸えました。
                  山季布枝 * 山季の気まぐれブログ * 20:45 * - * - * - -

                  童話

                  0
                    童話「花さき山」。
                    斎藤隆介さんの童話です。
                    村木厚子さんが冤罪での拘留中に
                    お読みになった149冊の中で
                    特に印象に残ったと紹介され、
                    早く読みたい!と思いながら
                    やっと…。
                    久しぶりに読みながら泣けました。
                    ここにあらすじは書きませんが
                    長らく保育士をしていらした
                    Tさんにお話したら、
                    「読み聞かせをしても年長クラスで
                    わかる子どもは泣いています。
                    子どもでも分かる子は分かる!
                    それより、読み手である保育士。
                    このお話を感じられない
                    オトナの方が問題…」と。

                    【やさしいことをすれば花が咲く。
                    命をかけてすれば山が生まれる。
                    うそではない、本当のことだ……】

                    誤認逮捕で164日に及ぶ拘留中に
                    村木厚子さんがお読みになった。
                    一方で
                    ノホホンとソファに寝転んで
                    読む私…
                    沁み渡るものは違うでしょうね。

                    人のための少しの辛抱や
                    小さな善行は
                    花を咲かせる。
                    人に対する無私の行いは
                    山を生む。

                    そういうことが信じられ、
                    当たり前にできる世の中であって
                    欲しいものです。
                    そういう世の中はあったはず。
                    そういう心がもう少しあったはず。

                    生活に密着する、
                    世の中を引っ張ってくれる?
                    近しい存在の
                    区議を選ぶ選挙は明日!
                    選挙公報を読んでも
                    残念かな、ピンとこない…
                    う〜〜ん。
                    山季布枝 * 山季の気まぐれブログ * 21:55 * - * - * - -

                    新年度が始まって

                    0
                      新元号も発表され、
                      2019年度がスタートしました。

                      2週間ほど
                      ブログ更新をせずにおりましたら、
                      数名の方からメールで、私の
                      安否をお尋ねいただきました。
                      ありがとうございます。

                      4月6日に生徒3名と春の演奏会を
                      千葉県船橋市にある
                      アルカスホールで開催しました。
                      急な決定と、西船橋という場所ゆえ
                      殆どお知らせせずに開催しました。
                      「ソナタの会」と題して
                      オール・ベートーヴェン。
                      増山三江子さんが1番のソナタ
                      太田百合子さんが悲愴ソナタ
                      黒木由里江さんが作品49-1と2
                      私がテンペストを演奏しました。
                      お客様からは
                      『一気にベートーヴェンのソナタを
                      4曲も聴く不安もあったけれど
                      ベートーヴェンの初期の作品からの
                      変遷が楽しめた』
                      『同じ門下の演奏者でもこれほど
                      演奏の仕方、音質…様々な違いが
                      あるのか…と、大変面白かった』
                      などの感想を賜わりました。
                      私にすれば、生徒さんたちの後に
                      同じお客様の前で演奏する
                      プレッシャーがありました(笑)
                      色々な経験は有難いです。

                      そのほか、年度替わりゆえに
                      お付き合いのあった方々の
                      リタイア、移動…の変化のご連絡を
                      多数いただき、それに伴うご挨拶、
                      また有難い新年度の
                      お仕事の打ち合わせ…
                      そうこうしているうちに
                      あっという間に半月が経ちました。

                      また、時流の中で
                      不器用な対応をしている私は
                      やはり今の社会で生きていくため
                      それまでの「当たり前」を
                      封印しなければならないことも
                      強く知らされました。
                      え〜っ、それでは私がこれまで
                      思い動いてきたことは…
                      と悲しく思うこともあります。
                      お陰様で、ピアノ演奏に関して
                      曲げることではない、というのが
                      救いです。 300年200年、100年前の世界に
                      常に意識が生きている私…
                      2019年の現実にもしっかり、
                      素直に生きなきゃ!
                      そのような思いを年度始めに
                      抱いた次第。

                      今年度も変わらぬご支援を
                      よろしくお願いいたします。
                      山季布枝 * 山季の気まぐれブログ * 16:00 * - * - * - -
                      このページの先頭へ