早いぞ! そして…

0
    今日の午後、ちょっとだけ時間が
    できたので、渋谷の伊藤屋へ行き
    来年の手帳を買いました。
    遅い時は
    年明けに新年の手帳を購入したり
    早くても12月中旬!
    もしくはXマスカードと一緒に。
    昨年はもう少し早かったかしらね。
    今年はなんと9月末、
    お彼岸のお中日に購入しました。
    だからどうした!?ですが(笑)

    さてさてお陰様で今秋もロンドンで
    演奏させていただきます。
    以下が山季のサイトです。

    https://nobuepianist.wixsite.com/nobue

    会場のサイトは
    http://www.1901artsclub.com/09-nov-2018-nobue-piano.html

    毎年ロンドンで演奏する!
    という目標を立てて3年目。
    淡々と、できる限り続けたい!
    その思いだけです。
    何ごとも、
    「健康をいただき、
    生かされているからこそ出来る。」
    謙虚に、そして必死に頑張ります。
    応援をよろしくお願いいたします。

    そして、12月8日土曜日のお昼に
    東京都内で
    NOBUEピアノ・Xマスコンサート
    を予定しています。
    詳細はあらためて
    ご案内させていただきます。
    シルバーウィークも明日まで。
    再び気を引き締めて練習します。
    ありがとうございます!
    山季布枝 * 山季の気まぐれブログ * 17:40 * - * - * - -

    お彼岸

    0
      あっという間に重陽の節句も過ぎ
      (9日…お酒に菊の花を浮かべて
      いただくのもすっかり忘れて…)
      秋のお彼岸を迎えました。
      20日がお彼岸の入り。
      虎屋さんに「おはぎ」を予約して
      初日にお供えしたものの、
      毎日、虎屋さん…ともいかず。
      毎年、春も秋も、我が妹は
      必ず小豆を煮て「おはぎ」を
      1日ががりで作ってくれます。
      大したものです!
      なぜお彼岸に「おはぎ」をいただく
      のかいろいろ読んでみると、小豆は
      邪気を祓うものだからだそう。
      神棚の正式なお供えにも
      紅白の意味も含め小豆と大豆が
      ありますものね。
      国産の、グレードの高い小豆を
      良質なお砂糖(和三盆なら最高!)、
      鹿児島や沖縄のホントに良い
      黒砂糖…でね〜
      なんて考えていると、食べる欲に
      傾いていることに気づき、
      あ〜ぁ、そうだ、ご先祖様に…を
      忘れておりました。
      そして、24日の十五夜ために
      お団子の準備…な〜んて
      某菓子屋に予約しました(笑)
      秋はやはり『食欲の秋』!
      山季布枝 * 山季の気まぐれブログ * 22:10 * - * - * - -

      躾は躾!

      0
        奈良で彼岸花が咲いたそうです。
        明日はお彼岸の入りですね。
        自然界がおかしいと言われるものの
        やはり正直に季節が到来!
        パワハラだのなんの…と
        上司、指導者…の行動が
        日本社会では問題となっています。
        先日も、ロンドンからいらした
        Y先生とその話題になりました。
        「それこそ今なら、パワハラで
        訴えられる先生方が我々の成長期に
        はたくさんいらしたわね〜(笑)」と。
        きっと我々の世界だけでなく
        多くの大人たちは同じ思いで
        いると思います。
        それこそ我が親など、ご近所様から
        「お隣は子どもを虐待している!」
        と通報されかねないはず(爆笑)
        それは我が家だけではない、と
        我が母の名誉にかけても思います。
        それに虐待など、決して
        受けていませんでしたしネッ(笑)

        つい最近、門下生のKさんが
        レッスンにいらして、こんなことを
        お話くださいました。
        お祖父様とお孫ちゃんが一緒に
        ピアノのレッスンを始めたい、と
        入門なさったそうです。
        その初日のお話。 お祖父様からこんな発言が…
        「うちの子ども(孫の両親)は
        叱らない教育ですので」と。
        ところがそのお孫ちゃん、
        Kさんの御宅のお二階には勝手に
        上がっていくわ、いろいろ触るわ…
        お祖父様はそれを諌めるでもない
        と困っているKさん。私は
        レッスンの最初が肝心だから
        「このお教室での【お約束】よ。
        お二階には行かない。
        先生の家の物を触らない。
        お稽古のはじめにご挨拶をする。」
        …などなど、お約束ごと、
        決まりごとを
        先生、お祖父様と子どもの3人で
        お約束することを決めるべき。
        とお伝えしました。

        叱らない、というのは
        悪くはありませんが、
        親や肉親は子どもや若者に
        躾をしっかりすべき!
        叱らない?怒らない?…
        それは少し違いますね。
        《躾》は“身を美しくする”
        と書きますよね。
        しっかり叱るべき時は叱り、
        なぜ悪いかを教えるべきですね。!
        山季布枝 * 山季の気まぐれブログ * 22:30 * - * - * - -

        凄い!

        0
          樹木希林さんの訃報。
          70代半ばで…残念ですね。
          でも個人的には、
          彼女の常々のご発言は
          ごもっとも!
          ということばかりでした。
          終活…一日ひとつは処分する!
          あの言葉は大きかったです。
          それで今年6月に行った断捨離。
          それも私の人生では2度目でした。
          なのに今、周りを見渡すと
          ナニナニ、これ要るの?
          と自問自答するモノが増えて…
          それで我が身にいう!
          「その場で瞬時に判断できない?」
          次の土用に入る前にもう一度、
          断捨離を実行したい!

          さてさて、
          安室奈美恵さんの引退!
          我が妹がデビュー前の安室ちゃんを
          電車の中で見て、
          「なんて可愛い女の子かしら!」
          と思った、と聞いていました。
          彼女には興味は無かった私ですが、
          この度の最終コンサート会場に
          入れなかったファンが1万人!
          会場の外に
          「漏れ聞こえてくる…
          “かもしれない”音を聴くために
          全国から沖縄に行った!」
          そして涙、涙…を流している。

          安室奈美恵さんの存在、
          また彼女の歌が
          ファンそれぞれの人生を支え、
          いや、人生そのものになっている!
          凄いことですよね。
          多くの人にそう思ってもらえる
          安室奈美恵さんって…?
          また、私には理解しがたい
          自分にとってのアイドルを擬える
          ような生き方をする、したい…
          その生き方って「理解」を
          する、しない、
          ではないのでしょうね。
          凄いエネルギーだと思います。

          山季布枝 * 山季の気まぐれブログ * 23:10 * - * - * - -

          月半ば

          0
            毎日、手帳にあるスケジュールを
            ただこなしているだけなのに、
            気付くと9月も半ばです。
            急に涼しくなりましたね。
            炎暑からの気温差も大きく、
            体調を崩しやすいですが、
            その気温差で不調をきたして
            不調を訴えると
            「秋バテですね」
            といわれるのだそう。
            夏バテだけかと思っていました。

            ロンドンからおみえになった
            ヴァイオリニストのY先生とも
            先般、銀座で夕食をとりながら
            楽しい語らいの時を持ち、
            会話の中で様々、お教えを
            いただきました。
            台風の中、来日され、
            この湿度の高い時期の楽器管理の
            大変さを伺って、
            ピアノでよかった!
            と胸をなでおろす私です。

            今日は小雨の中、
            浜離宮朝日ホールで開催された
            セルゲイ・レーディギンの
            ピアノリサイタルに行きました。
            1991年生まれのロシアの若手。
            曲目に惹かれて伺いました。
            バッハ=ブゾーニの
            トッカータとフーガ 二短調
            ご存知、
            「♪チャラリーン鼻から牛乳♪」
            です。
            極めて弾きやすい編曲に私自身の
            編曲を加えて演奏したことは
            ありますが、
            ブゾーニ編曲のこの作品を
            生演奏で聴いたことがなかったのと
            今日の彼のプログラム
            (ストラヴィンスキー以外)が私の
            プログラム、レパートリーと酷似。
            とても興味深かったのです。
            バッハの後はベートーヴェンの
            「悲愴」「月光」。
            休憩後はショパンの
            「舟歌」、「幻想即興曲」、
            「夜想曲op.9-2」、「タランテラ」
            最後は彼の十八番の
            ストラヴィンスキーの
            「ペトルーシュカ第3楽章」
            そしてアンコールは
            ショパンの
            「夜想曲・遺作 嬰ハ短調」と
            「エチュードop.25-12 大洋」

            笑えるお話ですが、
            プロのピアニストの生演奏で
            夜想曲op.9-2を聴いたことがない!
            そう考えると、幻想即興曲も…

            手の見える座席ではなかったので
            分かりませんが、音を聴く限り、
            彼のタッチからは、
            いわゆる鍵盤を叩いての
            「割れた音」はありませんでした。
            ほぼ私好みの音でした。
            手指は鍵盤から上がらない
            私の学んだタッチに近いでした、

            機会があれば、
            今後も聴きたいピアニストでした。
            山季布枝 * 山季の気まぐれブログ * 13:13 * - * - * - -

            久方ぶりの

            0
              昨日、私のティーカップの中に
              茶柱が立ちました。
              どのようなお茶をいただく場合でも
              お急須やティーポットに
              茶葉を淹れてのお茶に拘ります。
              そんな私でも、茶柱が立つのは
              久方ぶりでした。
              やはり悪い気はしないものですね。

              仕事柄、他所様へ伺ってお茶を
              お淹れいただく機会の多い私ですが
              この頃、平気で…
              (という私がオカシイのかも!)
              ペットボトルのお茶を
              ポンと出されるか…
              目の前でペットボトルのお茶を
              注がれこともあります。
              熱いお茶をいただきたい…
              などとリクエストしようものなら
              チ〜ン!
              という音が聞こえてきます。
              最近は
              チ〜ン!
              ではないそうですが(苦笑)

              そういう時代だからこそ、
              茶柱ひとつのささやかなことでも
              とても幸せ気分になりました。
              日本人の生活の中の
              「小さな言い伝え」を
              しみじみ味わえて、
              「いいな〜」と思えました。
              被災なさった方々に思いを寄せると
              この様なことを書き記すことに
              躊躇もありますが、
              だからこそ、日常のささやかな
              幸福な気持ちに気づき、
              感謝しなくては、と思います。
              山季布枝 * 山季の気まぐれブログ * 14:20 * - * - * - -

              頑張りました。

              0
                一昨日の大阪地方の台風の被害!
                そして今朝は北海道の大地震!
                今年はなぜこのように
                「災害の多い年」なのでしょう?
                平成最後の1年なのに…
                悲しいですね。

                北海道は停電に断水…
                半年前から(実はもっと前から)
                スマホを買い換えなければならない
                状態でした。
                今朝の北海道の被災状態を知り、
                これはもう延ばせない!と
                朝イチで表参道のアップルストアへ
                飛んで行きました。
                しかし、なぜ、あのように時間が
                かかるのでしょう!
                それが嫌で行かなかった!
                こういう、座っているだけで
                時間がどんどん流れるのが
                とても我慢出来ない人間です。
                でも今日は腹を決めて!
                そして
                iPhone8にするかiPhoneXか?
                最初に接客してくれたボーイは
                使い慣れたタイプの
                iPhone8をお勧めくださいました。
                ところが契約時に接客してくれた
                ガールは…
                彼女と話を交えていくと、
                彼女の母親より私は少し
                若かったけれど、
                まぁ、「娘の、母に対する厳しさ」
                の流れで、彼女にかなり
                気合いを入れられて、
                しかも、覚えの悪い私に、
                「出来ないじゃない、出来ます!
                上手!良いですよ、そうそう!
                指の動きが良いですねぇ…(笑)」
                (誰に物を言うか?…笑)と、
                上げたり下げたりを上手に。
                結局、iPhoneXを購入!
                頑張りました。

                先日いただいたご本の中に
                【人の上にたつ年齢になったら、
                習いごとを】とありました。
                要するに、
                年を重ねると頭が固まって
                頑固になる。
                人から教わるということは、
                指摘を受け入れることで、
                感性を柔らかくする。
                「素直」を手放してはいけない、
                と。
                素直な山季さん、
                さっそく実行しました〜ヽ(´▽`)/

                山季布枝 * 山季の気まぐれブログ * 16:55 * - * - * - -

                運…強運!

                0
                  昨日の台風21号のもたらした惨状。
                  自然界からのメッセージを真剣に
                  受け取り、考え直さなければ、
                  と思ったのは私だけでは
                  ないと思います。
                  特に関西空港の孤立状態には
                  驚きもひとしおでした。
                  この日、ロンドンから来日予定の
                  Y先生の御身を案じました。
                  夜のニュースで、
                  関空に5000人が閉ざされたと。
                  空港利用者が3000人。
                  空港関係者が2000人。
                  21時頃にメールをいただき、
                  関空→京都のリムジンバスの
                  昨日最後に乗車できた、とのこと。
                  ホッとしました。
                  先生は6日から始まる大津での
                  セミナーでご指導なさいます。
                  今日の報道では、いまだ
                  関空から出られない方々が
                  いらっしゃるとのこと。
                  先生は幸運だったと思います。

                  この7月末に宮崎でリサイタルを
                  開催したKさんも、東京に戻る日
                  豪雨で飛行機が飛ぶかどうか、
                  彼女の予約便の後の便から
                  キャンセルになったとか。

                  間一髪!
                  ギリギリセーフ!
                  皆さんの運の良さに拍手です。
                  いつも当たり前に
                  「無事でいること」に、あらためて
                  感謝しなければならないし、
                  一時代よりは減ったとはいえ、
                  移動の多い仕事をもつ自分は
                  万が一のことを常に頭の隅に考え
                  行動しなければ…と思いました。
                  結局は自分の苦労より、
                  人様にご迷惑をおかけしますから。
                  そして、ちゃっかり
                  「強運」でありたいと思います(笑)
                  山季布枝 * 山季の気まぐれブログ * 16:15 * - * - * - -

                  ご報告

                  0
                    ブラジル国立博物館が全焼!
                    とてもショックなニュースでした。
                    形あるものは…いずれその形を失う
                    というフレーズも
                    「そのために博物館があるのだ」
                    と思っていましたのに。
                    リオデジャネイロ五輪後、
                    ブラジル経済が悪くなり、
                    随分前から、ブラジル博物館の
                    補修保全が必至とされていたのに…

                    日本も2020東京オリンピックが優先
                    という風が強く吹いていますが、
                    東日本大震災、
                    九州の豪雨災害、
                    今年の西日本豪雨災害…
                    それだけでは無いですよね…
                    お金の流れがよくわからない
                    我が国、日本です。

                    そしてここ数日のニュースでは
                    スポーツ界のパワハラ問題…
                    2020までに綺麗にしたい…と。
                    まぁ、「浄化」ということは
                    社会も人も心がけたいことですね。

                    さて、
                    25日の私のリサイタルのご報告。
                    演奏者本人は反省することばかり!
                    しかしお陰様で、お客様からは
                    嬉しいご感想をいただきました。

                    後援会長からは短いメッセージを
                    賜りました。
                    「演奏に幅と言うか、厚み、謳う
                    という印象を受けました。」
                    嬉しいお言葉でした。

                    また他のお客様からは
                    「シューベルトが思いがけず
                    とても良かった」
                    「舟歌の出だしの1音目で感動
                    でした!会場の隅々まで音が届いて
                    いて、壁に反射した音の粒が
                    降ってくるようでした。そして、
                    水面の映像がパァーッと広がり、
                    聴いていて心地良かったです」

                    「舟歌」は
                    ベニスのゴンドラに揺られている
                    イメージを終始持ち、世の中では
                    速すぎる演奏が多い中、自分の
                    思うテンポで勝負しよう!と
                    気合を入れておりました(笑)

                    ベートーヴェンの「悲愴」にも
                    我が意を得たり…というご感想を
                    頂戴しました。
                    「美しく丁寧なピアノ。
                    ベートーヴェン『悲愴』では、
                    こんなに優しくて悲しい悲愴を
                    聞いたことがないと思いました。
                    かつての自分の荒々しい演奏を
                    悔いながら思い出しました(笑)。」
                    人間が本当に悲しい思いを
                    抱える時は果たして…と思って…。

                    その他、
                    当日のお客様からのお話を伺うと、
                    涙を流しながらお聴きになった方が
                    かなりいらしたとか。
                    少し前に大きな手術を受け
                    無事に退院した方からのお手紙。
                    「はじめの優しい音色に心が震えて
                    涙が出てしまいました。
                    先日まで入院していた私に
                    癒しの時間をくださり、
                    ありがとうございました。」

                    アンコールの「エオリアンハープ」
                    では、
                    (何故なのか私には分かりませんが)
                    目を潤ませたり、目頭を拭う方が
                    多かったようです。

                    《喜ばれる存在になる》
                    これが私の人生の目標。
                    少し自信を持って…
                    ひとりでも多くの方にお喜び
                    いただける演奏を続けて参ります。

                    以上、ご報告でした。
                    山季布枝 * 山季の気まぐれブログ * 23:20 * - * - * - -

                    音楽の力

                    0
                      生徒さんに教えて貰ったサイト。
                      その映像を驚きながら観て、
                      同時に感動で涙が出ました。
                      イギリス人ピアニストのポール氏。
                      よくぞ生のピアノを持ち込んで
                      演奏してくださいました。
                      だからこそ、でしょうね。
                      音楽の力、
                      そして
                      電気を通さない楽器だからこそ、
                      (もちろん、電子楽器でも良かった
                      かもしれませんけれど)
                      ゾウさんの反応を見て
                      ただただ涙、涙、…
                      地球上のあらゆるものに対して
                      この思いで奏でたい!
                      今回の私のリサイタルの直前に
                      見た映像だったのですが、
                      私の陳腐な心を一掃してくれた
                      素晴らしい映像でした。

                      見難い広告のような映像も
                      でてきますが、
                      めげずにご覧くださいね。

                      盲目の年老いたゾウに音楽を。
                      ピアノでクラシックの生演奏を
                      行ったところ、感動の反応が...
                      (タイ) : カラパイア http://karapaia.com/archives/52262814.html?_f=sl
                      山季布枝 * 山季の気まぐれブログ * 22:55 * - * - * - -
                      このページの先頭へ