<< いい〜〜言葉です(笑) | main | 自力で >>

早く帰りたい!

0
    東京の公立小学校の標準服に
    アルマーニのデザインが採用されて
    話題になっています。
    お値段は1着5万円程度。
    セーターなどの補助的なものを
    含めると8万円ほど。
    採用したのは銀座の創立140年の
    泰明小学校です。
    私もよくその前を通ります。
    数年おきに校舎のシンボルの蔦を
    カットしています。
    今年は蔦は殆どみられず!

    泰明小学校の周囲には
    世界のブランドショップが
    立ち並ぶ銀座だから、
    アルマーニが似合のだ、と。
    子どもや孫を通わせる保護者や
    それに準ずるオトナの意見も
    2つに分かれているそうですが…
    まぁ採用されたのですものね…
    部外者の私など口を挟めませんが、
    ふ〜〜ん、そういう時代なの…
    と、なんとも言えません。
    成長著しい子どもの6年間です。
    当然、小さくなったらそれはそれで
    買い替える訳で…
    私立の小学校なら分かりますが、
    少子化の時代、
    皆さんはどう思われますか?

    さて、一方でか〜〜なり(笑)
    大きなお姉様のピアノのお話。
    そして、それはとても嬉しいお話。
    私より少し先輩のTさん。
    歌、ヴァイオリン、ピアノとお習い
    です。
    ゆっくりゆっくりでもピアノ曲が
    色々お弾きになれるようになり、
    懸命に練習し、レッスンにも熱心に
    お通いくださっています。
    当方でのレッスンも数年が経過し、
    ご自宅での練習中に
    ご自身のお嬢様から
    「お母さん、何回同じところを
    間違えているの?…」
    などと言われても、めげることなく
    練習することが楽しく、
    充実したピアノライフ(笑)を
    お続けです。
    そんなTさん、つい先日、
    帝国ホテルでお友だちを待つ
    少しの時間に、アーケードで
    ウィンドーショッピング!
    「0(ゼロ)の数がいくつかなぁ」
    と、高級宝飾を眺めていた時に
    耳に入ってきたBGM…
    その音は、誰かがお喋りしていたら
    聞こえないくらいの弱音で…
    よく聞くと、自分がついこの間まで
    弾いていたモーツァルトの
    ハ長調のピアノソナタ(kv545)
    の第2楽章!
    そこで彼女の耳に届いた演奏は
    とても柔らかい音で、
    自分の演奏テンポより少し遅い。
    とても心地よい演奏だったそう。
    「もともと好きな曲だけれど、
    あらためて、なんてよい曲…。」
    その後、お友だちと「虎屋」で
    いつもの!大好きな!あんみつを
    オーダーするも、先程耳にした
    あの曲を弾きたい!との気持ちが
    膨らみ、好物のあんみつの味も
    よく分からない(苦笑)
    いつもなら、ゆっくりお友だちと
    会話するところだけれど、
    その日は早く帰りたい!
    早く帰ってあの曲を弾きたい!
    夕食のお買い物もせずに直帰!
    すぐさまピアノに向かい
    あの2楽章を弾き…
    間違えることなく弾けた!
    万歳*\(^o^)/* やったー(^^)v
    彼女は
    「最高に嬉しかった!」
    それにピアノが弾きたくて、
    主婦なのに買い物もせず、
    「家に帰りたい!」
    そういう思いを抱けたことが
    最高に嬉しかったそうです。
    嬉しいのは
    お手伝いしている私の方!
    ひとりの生徒さんが、
    そこまでの思いをピアノに対して
    抱いてくださったなんて、
    本当に嬉しかったです。
    /strong>
    山季布枝 * 山季の気まぐれブログ * 22:55 * - * - * - -
    このページの先頭へ