<< なるほど…と感心…? | main | ストレス? >>

昭和の…

0
    ATPワールドツアーの男子決勝戦。
    フェデラーと対戦したのは
    アルゼンチン出身のデルポトロ
    かなり面白い接戦で
    デルポトロが初優勝。
    女子も大坂なおみさんが初優勝。
    若い人たちが頭角を現し、
    その選手の成長の仕方や
    選手周囲のサポートの様子をみて、
    楽しみが増します。
    特に名コーチといわれる人たちの
    指導方法を聞いたり見たりすると
    とても勉強になります。
    一方で貴乃花部屋での今回の
    弟子の暴力事件のもと、それまでの
    親方の「頑なさ」を世間が様々に
    評するのを見聞きすると、
    本当に指導することの難しさを
    痛感するとともに、その奥深さを
    あらためて知ります。

    先日から
    「昭和の教え方」
    (平昌オリンピック女子フィギュア
    で金、銀メダルをとらせ、また
    13歳で2度の4回転を成功させた
    選手のロシア人女性指導者の
    その指導法を評して)
    とか
    「昭和の俳優だから…」
    (梅宮辰夫氏の怪我をしても
    ディナーショウに出演した時の
    コメント)
    昭和の…という言葉が、
    昭和生まれにはこそばゆい感じ。
    平成の人には
    我々にとっての「明治の…」
    という感覚でしょうか?
    平成も30年…
    時代の進み具合がとても早いから
    「明治の…」ではなく
    「江戸時代の…」かな?(爆笑)
    山季布枝 * 山季の気まぐれブログ * 21:30 * - * - * - -
    このページの先頭へ