<< 中国といっても広〜ぉございます。 | main | そもそも その2 >>

そもそも

0

    そもそもキッカケは
    2月18日に出演させていただいた
    越谷達之助作品のコンサート
    代表曲「初恋」による
    歌曲フェスティバルでした。
    コンサートの中心の
    テノール歌手・青木純氏が
    越谷(達之助)会の会長である
    旭東ダイカストグループ会長の
    山森一男氏の中国でのお祝いごとで
    中国に行って歌う…とのお話を
    聞きました。
    私は非常に無責任に
    「わ〜ぁ、いいな。私も行きたい!
    伴奏者は要らないの?」
    と軽〜〜く口にしたのがキッカケ。
    だいたい日時も場所も伺わず、
    どのようなお祝いごとかも伺わず!
    すると、青木氏から
    「会長に伴奏者要るので〜と
    頼んどいたよ」との超軽いメール。
    まぁ、そう簡単にはいかない筈、
    と高を括っていた数日後、
    会長秘書からお電話をいただき、
    「パスポートのコピーを至急!」
    え〜〜っ、とオタオタしていると
    山森会長から直接お電話をいただき
    「純ちゃんの伴奏と君の独奏も
    頼むね。1日目と2日目と両日ね」
    そんなノリでの依頼。
    直前まで
    ピアノがあるのか無いのか…
    電子ピアノか生ピアノか…
    独奏曲も衣装も全く決められず…
    青木氏に尋ねても
    「僕もよくわからない。
    行ってみてだな…」
    青木氏のほかに「初恋」フェスに
    出演された橋本京子さんも
    前座のような立場でお歌いになる。
    青木氏のプログラム、
    橋本京子さんのプログラム、
    私の……楽器も分からない、
    お客様も分からない…
    とにかく練習するしかない!
    その上、「中国に行く」という
    本人も想像だにしなかったことが
    目の前にあり、まして演奏する!

    ここ2〜3年は年に2回は演奏会等で
    ヨーロッパを往復しておりますが、
    中国…。
    それに、中国のどこに行くの?
    寧波、寧海、上海
    シャンハイは読めましたが…(苦笑)

    ガイドブックを買う暇もなく、
    検索して勉強する時間もなく、
    ちょっと厳しいスケジュール。
    体調管理だけに集中する!

    そして出発は29日の早朝。
    羽田から一路、上海へ参りました。
    最低の情報をネットで読み
    少々、ショックを受けながら(笑)
    おトイレの使い方…?
    よしっ、トイレットペーパー持参!
    ティッシュもたくさん持って、
    ウエットティッシュも!
    そうだマスク!
    歯磨きもミネラルウォーターで…?
    お水、どこで買えるのかな?

    前日の晩に大慌てで
    ドラッグストアに飛び込みました。

    それが出発までの流れ…。
    山季布枝 * 山季の気まぐれブログ * 12:01 * - * - * - -
    このページの先頭へ