<< お暑かったですね | main | ヒトのちから >>

心で

0
    毎日の基礎練習をしてから
    午前中のうちに!と
    竹橋の東京国立近代美術館へ
    行きました。
    4月13日から5月27日まで開催の
    横山大観展
    生誕150年、没後60年記念です。
    前半は5月6日まで。
    後半は7日から27日まで。
    前半の目玉は「群青富士」
    これが観たくて行きました。
    後半の目玉は「夜桜」
    これは大倉集古館で観られるので
    とにかく「群青富士」。

    明治維新に生まれ、
    明治時代に生きる大観。
    大正時代に生きる大観。
    そして
    昭和時代に生きる大観。
    私はひと時代、別に加えたい!
    と思いました。
    第二次世界大戦時代です。

    彼ら画家は真意は別ながら
    軍国主義に走り、戦中は彼らの描く
    その絵で資金を稼ぎ、戦費として
    献上した訳ですから。
    絵の内容も
    富士は皇国のシンボル
    海は海洋国家日本
    菊は皇室
    鯉は勝利
    菖蒲は尚武
    絵筆を取り上げられるより、
    彼らの先回りした
    賢明なテーマの選択眼ですね。

    日本一長い画巻「生々流転」
    よくぞ…と拝見しました。

    そして感動は彼の言葉、
    絵は何処までも
    心で描かねばならぬといふ
    一事を忘れてはならぬ


    ハレー彗星も水墨画で!
    すべて素晴らしいけれど、
    「群青富士」は発想的にもイイ!
    そして
    「朝陽霊峯」金色の富士もイイ!

    山季布枝 * 山季の気まぐれブログ * 22:25 * - * - * - -
    このページの先頭へ