<< 教えられたこと | main | おっと危ない! >>

21世紀の校歌

0
    私の意外に好きな行事?に
    春のセンバツ、そして
    夏の高校野球全国大会が
    あります。
    今夏は第100回記念大会!
    それ故か、戦前戦後の高校野球の
    歴史と貴重な映像がテレビで
    放映されます。
    戦後、野球のグラブを求めようにも
    物が無かった時代に必死に
    知恵を絞り工面した道具で
    練習に励んだ当時の高校球児たち…
    それを考えると
    本当に良い時代になりましたね。

    また始球式のボールが毎年、
    ヘリコプターでマウンドに投下
    されることも、この度知りました。

    勝利した学校の校歌を聞くのも
    楽しみですが、最近の校歌に
    へ〜〜っと驚く歌詞があります。
    ネットでも話題でしたが、
    さすがに21世紀!と思います。

    陽光(ひかり)の中にまぶしい笑顔
    今、済美(ここ)にいるから
    出会えたね

    共に学ぼう これからは
    「やればできる」は魔法の合い言葉


    こんな歌詞を含む学園歌は
    愛媛県松山の済美高等学校です。

    校訓まで「やればできる」に
    変わったそうです。
    今年はスケジュールの都合で
    テレビ観戦も出来ませんが、
    夜のニュースで楽しみましょう。
    山季布枝 * 山季の気まぐれブログ * 21:45 * - * - * - -
    このページの先頭へ