<< 異常気象?! | main | 21世紀の校歌 >>

教えられたこと

0
    クラシック音楽とは無縁?そうな、
    でも私の大切な後輩のひとりが
    「ちょっと聞きたいことがある…」
    というので、はいはい…とばかり。
    するとその輩から意外な人名が
    飛びだしたので先ず驚き!
    続いての質問内容に二度驚き!
    その輩の感度に三度目の驚き!

    先ず意外な人名とは
    あの「ベートーヴェン先生!」
    そして質問内容はというと、
    「月光」という曲が成立した背景を
    知りたい!と。
    さぁ、「月光ソナタ」とくれば、
    山季布枝、幾らでも語ります!
    …と、語りに語り、2001年に
    「月光ソナタ創作200年記念年」に
    作曲地のスロバキアで演奏した話も
    含めて、しこたま説明しました。
    質問者は
    「月光と名付けたのは作曲者では
    なかったのですか…では彼は
    どういう気持ちでその幻想ソナタを
    書いたのでしょう?
    僕、あの1楽章を聴くと、
    ああ、もうこのまま死んでしまって
    もいい!と思えるほどの気持ちに
    なるんです。
    あの1楽章に酔える…というか。
    あれほどの曲はどうして誕生したの
    だろう?と。
    続く2楽章、3楽章がまたいい!
    特に2楽章は、あの1楽章と
    あの3楽章に挟まれて、別世界!
    僕、月光ソナタ大好きなんです。
    携帯電話にもダウンロードして
    あります!」
    最後に山季のオススメの演奏者は?
    というので、大巨匠の名を挙げ
    ちゃっかり山季のCDも!(笑)

    つくづく、良し悪しは別にして、
    人々の名曲との出会い、
    また、
    我々職業音楽家の得られない感覚、
    あまりに近すぎて
    見えなくなっているものが、実は
    たくさんあることを、
    彼から教えていただきました。
    山季布枝 * 山季の気まぐれブログ * 23:55 * - * - * - -
    このページの先頭へ