<< 凄い! | main | お彼岸 >>

躾は躾!

0
    奈良で彼岸花が咲いたそうです。
    明日はお彼岸の入りですね。
    自然界がおかしいと言われるものの
    やはり正直に季節が到来!
    パワハラだのなんの…と
    上司、指導者…の行動が
    日本社会では問題となっています。
    先日も、ロンドンからいらした
    Y先生とその話題になりました。
    「それこそ今なら、パワハラで
    訴えられる先生方が我々の成長期に
    はたくさんいらしたわね〜(笑)」と。
    きっと我々の世界だけでなく
    多くの大人たちは同じ思いで
    いると思います。
    それこそ我が親など、ご近所様から
    「お隣は子どもを虐待している!」
    と通報されかねないはず(爆笑)
    それは我が家だけではない、と
    我が母の名誉にかけても思います。
    それに虐待など、決して
    受けていませんでしたしネッ(笑)

    つい最近、門下生のKさんが
    レッスンにいらして、こんなことを
    お話くださいました。
    お祖父様とお孫ちゃんが一緒に
    ピアノのレッスンを始めたい、と
    入門なさったそうです。
    その初日のお話。 お祖父様からこんな発言が…
    「うちの子ども(孫の両親)は
    叱らない教育ですので」と。
    ところがそのお孫ちゃん、
    Kさんの御宅のお二階には勝手に
    上がっていくわ、いろいろ触るわ…
    お祖父様はそれを諌めるでもない
    と困っているKさん。私は
    レッスンの最初が肝心だから
    「このお教室での【お約束】よ。
    お二階には行かない。
    先生の家の物を触らない。
    お稽古のはじめにご挨拶をする。」
    …などなど、お約束ごと、
    決まりごとを
    先生、お祖父様と子どもの3人で
    お約束することを決めるべき。
    とお伝えしました。

    叱らない、というのは
    悪くはありませんが、
    親や肉親は子どもや若者に
    躾をしっかりすべき!
    叱らない?怒らない?…
    それは少し違いますね。
    《躾》は“身を美しくする”
    と書きますよね。
    しっかり叱るべき時は叱り、
    なぜ悪いかを教えるべきですね。!
    山季布枝 * 山季の気まぐれブログ * 22:30 * - * - * - -
    このページの先頭へ