<< 9月新庄MT | main | ありがたいサポート >>

癒しというよりねぎらい…

0
    保育園児たちも
    4月のスタートから約半年。
    当然のことながら、成長しました。
    やっと3歳を迎えるおチビ君も
    すでにガキ大将に成長!
    ガキ大将 といえば
    聞こえは良いのですが、
    これまた手に負えないほどの
    パワー全開で他を乱す…(苦笑)
    一歩間違えると自他ともに
    怪我をするので目が離せません。
    音楽の速度に合わせての動きも
    アップテンポにすると、
    見境なく、とても速く走る!
    すると
    小さなお友だちが煽りを喰う!
    でも、そのおチビ君は
    楽しくて?楽しくて!?
    保育士の先生がたのご苦労は
    相当のものです。
    でもね、裏事情(家庭事情)を伺うと
    おチビ君を責められない!
    世にいう、叱らない家庭教育。
    というより、祖父母も母親も
    可愛くて可愛くて…溺愛!
    おチビ君にすれば、
    ねこっ可愛がりされて、
    逆に溜まったエネルギーを
    保育園で放出!(苦笑)
    でも、ご飯をたくさん食べて、
    (健康だから食べられるのですね)
    何ごとも無かったお顔で
    コテっとお昼寝する様子を見て
    先生がたも…やはりかわいい。
    最近の山季は
    おチビちゃんたちへの
    幼児リトミックだけでなく、
    先生がたへの「ねぎらい」の
    気持ちを込めてピアノ小品を演奏
    させていただいています。
    昨日はエルメンライヒの「紡ぎ歌」
    ギロックの「秋のスケッチ」を。
    先生がたの気持ちが安らかだと
    子どもたちも…と
    勝手に思いを込めています。
    正に癒しよりねぎらいの感が大!

    高齢者施設では、
    体操をご一緒するというより、
    体操をやりながら、
    なぜこの動きが良いのか、
    この運動による「効能」のご説明を
    させていただいております。
    すると納得していただけるので
    皆さまお張り切りになられます(笑)
    ただただ体操!では
    人間、プライドがありますからね。
    納得が一番の薬です。
    お歌もたくさんお歌いいただき、
    途中、
    「秋」と言われて思いつくものを
    お挙げください!
    と申し上げると、
    ほとんどお口に入るものばかり!
    「あら、食べものばかり!」
    とお伝えすると皆様、大爆笑!
    徐々に、菊の花やススキの名前。
    はたまた、狩猟の話題に!
    さすがでした。
    ジビエ料理なんて
    気取ったものではなく
    殿方はオン自ら狩に出ていたお話。
    素敵ですね。
    それぞれの方がそれぞれの歌に
    様々な思いを抱き、
    目に涙を浮かべてお歌いです。
    満月の日ながら、残念な天候…
    でも、心の中に大きなお月様を
    思い浮かべ、それを愛でながら
    楽しい1時間を過ごしました。

    山季布枝 * 山季の気まぐれブログ * 19:15 * - * - * - -
    このページの先頭へ