<< 文化の日 | main | ご縁 >>

ありがとうございました。

0
    お陰様で昨晩、ロンドンから
    無事に戻りました。
    3年連続でリサイタルを開催!
    新しいお客様も徐々に増えて
    嬉しい限りです。
    来年の契約も結ぶことができ
    ホッとしております。

    出発前はギリギリまで
    生徒さんのレッスン
    (生徒たちも本番を控えています)や
    帰国後直ぐの仕事の準備で
    ブログも更新できませんでした。

    預けたスーツケースが一緒に来ない
    こともままあるので、毎回、
    演奏会に必要なもの、そして
    1泊分の必需品は全て手荷物で
    持って搭乗します。
    いくら飛行機が運んでくれる
    というものの、
    預け入れ、
    積み込み、
    受け取り…は当たり前ですが
    自分でしなければなりません。
    その総重量は40キロ弱…
    腰も腕も手指もパンパンに
    張ってしまいます。
    それで着いた日、若しくは翌日から
    ピアノを弾かなければなりません。
    専属付き人も無し。
    しかし、好きでやっていること。
    弱音は絶対に吐けません(苦笑)

    正直、荷物には湿布薬は10箱!
    それに伴い鋏に絆創膏や塗り薬、
    漢方薬、使い捨てカイロ…
    万全に演奏会に臨む為のグッズは
    相当の量です。
    それに衣装、演奏会用靴から小物、
    もちろん楽譜や読書の為の本!
    風邪をひかない為の様々なもの…
    ピアニストは楽器を運ばないだけ
    まだまだ超楽チンです。
    でも時差を超えて世界中を飛び回る
    〔年配〕演奏家には、それだけで
    脱帽!拍手喝采!尊敬します!
    フライトは直行便で13時間…
    お陰様でとても楽になりました。
    家の玄関からホテルまでとすると
    20時間を優に超えます。
    いくら搭乗クラスが良くても、
    同じ姿勢で飛行機の中に居るのは
    疲れます。
    姿勢が崩れるとやはり身体全ての
    バランスが狂います。

    若い頃はへっちゃらでした。
    ぴょんぴょん飛び回っていた頃は
    飛行機に乗り継ぎ乗り継ぎ…
    とても長い旅でしたね(笑)
    1日半以上、もっとかかりました。

    今回も演奏させていただき、
    無事に終わって拍手をいただくと
    その疲れも吹き飛びます。
    ピアニストで良かった!と
    この歳になってつくづく思います。

    とりあえず今日は
    無事に帰国したご報告です。
    明日以降、また認めます。
    応援、ご支援をいただき
    ありがとうございました。
    山季布枝 * 山季の気まぐれブログ * 22:40 * - * - * - -
    このページの先頭へ