<< 死語? | main | 新潟で >>

感謝

0
    今日は今年最後の新庄での
    幼児リトミックと高齢者施設での
    音楽レクリエーションでした。
    今日は音楽療法…というより
    音楽レクリエーション!
    ノリノリの歌唱大会のようでした。

    このお仕事のご縁をいただいて
    早いもので約10年!
    よく通わせていただきました。
    そして、たくさんの経験をして
    学ぶことはいつも大きいです。

    呼吸を伴う体操や、
    末端を刺激する体操、
    指関節刺激体操…
    もちろん、
    小楽器を使用してのリズム体操…
    色々やりました。
    構音練習、早口言葉、リズム遊び…
    お歌のアンサンブルも!
    また博識な施設利用者様には
    教えていただくことが毎回、
    たくさんあります。
    お礼を言われる立場ですが、
    現実は真逆です。
    本当に毎回、有難く思います。


    さて、今の若者に
    「紅葉」で輪唱しましょう!
    と言っても
    「紅葉」を知らないとか!
    またつい数日前に身内の者を
    含めて知ったこと…
    「白地に赤く、日の丸染めて
    ああ美しい、日本の旗は」
    の「日の丸」を知らない!!
    50歳代以下が知らない!
    「死語」ならぬ「死歌」…

    今日も高齢者施設でその話題になり
    利用者様にお知らせしました。
    「歌いましょう」
    と申し上げたら
    歌詞幕無しで当たり前のように
    お歌いになりました。
    しかし利用者様と私以外の
    スタッフは沈黙!(爆笑)

    話を戻して、
    今日は12月25日のクリスマス。
    P保育園ではクリスマス会は
    終了していたので、
    クリスマスのテンションは無し。
    おまけに、
    子どもたちは降雪のため
    お外で遊べないストレスが
    溜まり始めていました。

    リトミック開始からかなり時間が
    経った頃、女の子が近寄ってきて
    「ジングルベル弾いて!」と。
    おチビさんから直接、初めて
    リクエストをいただきました。

    歩行器に跨っている
    「baby卒業仕立て」のおチビさんも
    楽しそうに動いていました。

    H保育園はインフルエンザが蔓延。
    私の身を気遣っていただき、
    今日はおやすみになりました。
    帰りの新幹線を早めても
    (新庄発はほぼ2時間おき)
    結局はいつもの時間…と分かり
    P保育園の園長先生が、
    「それなら高齢者施設終了後、
    子どもたちはお昼寝の後の
    3時からはオヤツ時間。
    山季先生、その時にピアノを弾いて
    いただけませんか?
    アフタヌーン・コンサートを
    してください」と。
    それで3時過ぎから4時少し前まで
    お坊ちゃま、お嬢ちゃまたちが
    オヤツを召し上がる時に、
    BGMとして生演奏しました。
    なんて贅沢な!(笑)

    しかし突然のこと故、
    楽譜無しで、子どもたちに
    お聴かせする曲が頭に浮かばず
    あ〜っ、と反省。
    トロイメライ、ノクターンop.9-2、
    キラキラ星変奏曲、
    モーツァルトのハ長調ソナタ。
    月光の1楽章なんて弾いちゃって…
    「革命のエチュード」を弾いた時の
    子どもの反応を見ていると
    最悪の選曲!
    こういう時のレパートリーを
    拡充しておかねば!
    今、冷静に考えれば、
    「アマリリス」「野ばらに寄せて」
    「楽しき農夫」等あったのに…
    ランゲやリヒナーなど、
    サロン用ピアノ曲 がた〜くさん
    あった…と気づき猛省しました。

    このような形で2018年の
    山形・新庄でのお仕事が終了。
    それにしてもお陰様で、
    おチビちゃんたちからは
    「また来てね〜」
    高齢者施設の皆様からは
    年末の話題になる度に
    「先生、来年もお願いしますね」
    とのお声掛けを賜り、
    大変光栄に思います。
    ありがとうございました。
    山季布枝 * 山季の気まぐれブログ * 20:20 * - * - * - -
    このページの先頭へ