<< 大きな転換期! | main | 残念なこと >>

24年

0
    24年前の今日、早朝のTVニュースで
    関西で大地震があったとの報道。
    幼い頃から、ピアノのお稽古に
    通ってきていた近所に住む生徒が、
    大阪で大学生活を送ることになり、
    大阪に居を移していました。
    心配で、すぐ電話をしました。
    彼女が電話口に出たので安堵。
    しかしその瞬間だけ、
    奇跡的に電話が繋がっただけで、
    そのあと、知人たちとは
    全く連絡が取れませんでした。
    まだ携帯電話も普及しておらず、
    24年前を思い出すと、今の生活から
    よくぞ阪神淡路は立ち戻った…
    と思います。もちろん、まだまだ
    という部分もあるでしょうけれど。
    知人に救援物資も送りましたが、
    当時はなかなか届かず、
    宛名不明で戻ってきたり、
    半年以上経って先方に届いたり、
    色々ありました。

    そんな話題を今日、
    レッスンにいらした方にしたら、
    「まだ小学生だったので、テレビで
    観てもよくわからなかった…」
    そうですよね、24年前ですもの。

    阪神淡路大震災のあと、
    コンサートで神戸に行きましたが
    被害に遭われた方々のお話には
    本当に驚くだけで、言葉を
    返せなかったのを覚えています。

    自然の中に生きていることを
    忘れてはいけないし、
    自然の力にはヒトは抗えない!
    ということを忘れがちです。
    少しは意識して、
    頭の隅に置いておかなければ…
    何もないことに感謝しなければ
    何もないことは奇跡だと思います。
    山季布枝 * 山季の気まぐれブログ * 21:10 * - * - * - -
    このページの先頭へ