<< 223の日 | main | 如月も終わり >>

ふた月ぶりに

0
    先月は新庄の高齢者施設が
    インフルエンザ警戒のために
    入所禁止だったため、
    1月のMTはありませんでした。
    ゆえに、ふた月ぶりに、
    そして今年初の
    高齢者対象音楽レクリエーションと
    幼児リトミックにお伺いしました。

    驚くのはおチビさんたち!
    ふた月の間に身長も伸びて、
    赤ちゃん赤ちゃんしていた子どもが
    一丁前にお兄さんやお姉さんの
    真似をするようになっていました。
    高齢者施設では1回抜けたのが
    よほどつまらなかったのか、
    利用者様方の今日のお声の出し方
    また楽しみたい!という
    目に見えないエネルギーに
    少々押され気味でした(笑)

    今朝、新庄駅におりたって
    冷たい新鮮な空気をふた月ぶりに
    快く深く吸込みました。
    地元の方も驚いているようですが
    思いのほか雪が少なく、
    一日穏やかな晴天でした。
    しかし喜びも束の間!
    夕方、日が沈む頃にはとても
    冷えました。
    朝晩は零下の気温!
    出勤前には車のエンジンを
    かけておかないと出発できない!
    とのこと、頷けました。

    それにしても
    あらためて実感したのは
    皆様が楽しみにしてくださるより
    私自身が、
    この朝3時起きで出かける
    新庄での音楽レクリエーション、
    幼児リトミックで、
    特段のエネルギーをいただいている
    ということです。
    「エネルギーは循環する」
    といわれますが、正にその通り!
    あらためて感謝しました。

    高齢者施設の利用者様のおひとりが
    「先生、もう水仙は咲きましたか?
    ここにいると、雪で出られず、
    外の様子が分からないから
    教えてください!」
    実感でしょうね。
    毎回、なるべく東京から新庄までの
    車窓の景色をご報告しますし、
    歌唱曲も季節に沿って選曲しますが
    そのような思いにもっと寄り添って
    差し上げねば…と思います。

    何年経験しても、不足ばかりです。
    そう思えるから、
    よし、また来月!
    と自分を駆り立てられるのですね。
    感謝です。
    山季布枝 * 山季の気まぐれブログ * 18:25 * - * - * - -
    このページの先頭へ