<< 平成30年度終了 | main | 童話 >>

新年度が始まって

0
    新元号も発表され、
    2019年度がスタートしました。

    2週間ほど
    ブログ更新をせずにおりましたら、
    数名の方からメールで、私の
    安否をお尋ねいただきました。
    ありがとうございます。

    4月6日に生徒3名と春の演奏会を
    千葉県船橋市にある
    アルカスホールで開催しました。
    急な決定と、西船橋という場所ゆえ
    殆どお知らせせずに開催しました。
    「ソナタの会」と題して
    オール・ベートーヴェン。
    増山三江子さんが1番のソナタ
    太田百合子さんが悲愴ソナタ
    黒木由里江さんが作品49-1と2
    私がテンペストを演奏しました。
    お客様からは
    『一気にベートーヴェンのソナタを
    4曲も聴く不安もあったけれど
    ベートーヴェンの初期の作品からの
    変遷が楽しめた』
    『同じ門下の演奏者でもこれほど
    演奏の仕方、音質…様々な違いが
    あるのか…と、大変面白かった』
    などの感想を賜わりました。
    私にすれば、生徒さんたちの後に
    同じお客様の前で演奏する
    プレッシャーがありました(笑)
    色々な経験は有難いです。

    そのほか、年度替わりゆえに
    お付き合いのあった方々の
    リタイア、移動…の変化のご連絡を
    多数いただき、それに伴うご挨拶、
    また有難い新年度の
    お仕事の打ち合わせ…
    そうこうしているうちに
    あっという間に半月が経ちました。

    また、時流の中で
    不器用な対応をしている私は
    やはり今の社会で生きていくため
    それまでの「当たり前」を
    封印しなければならないことも
    強く知らされました。
    え〜っ、それでは私がこれまで
    思い動いてきたことは…
    と悲しく思うこともあります。
    お陰様で、ピアノ演奏に関して
    曲げることではない、というのが
    救いです。 300年200年、100年前の世界に
    常に意識が生きている私…
    2019年の現実にもしっかり、
    素直に生きなきゃ!
    そのような思いを年度始めに
    抱いた次第。

    今年度も変わらぬご支援を
    よろしくお願いいたします。
    山季布枝 * 山季の気まぐれブログ * 16:00 * - * - * - -
    このページの先頭へ