<< 新年度が始まって | main | 4月の新庄MT >>

童話

0
    童話「花さき山」。
    斎藤隆介さんの童話です。
    村木厚子さんが冤罪での拘留中に
    お読みになった149冊の中で
    特に印象に残ったと紹介され、
    早く読みたい!と思いながら
    やっと…。
    久しぶりに読みながら泣けました。
    ここにあらすじは書きませんが
    長らく保育士をしていらした
    Tさんにお話したら、
    「読み聞かせをしても年長クラスで
    わかる子どもは泣いています。
    子どもでも分かる子は分かる!
    それより、読み手である保育士。
    このお話を感じられない
    オトナの方が問題…」と。

    【やさしいことをすれば花が咲く。
    命をかけてすれば山が生まれる。
    うそではない、本当のことだ……】

    誤認逮捕で164日に及ぶ拘留中に
    村木厚子さんがお読みになった。
    一方で
    ノホホンとソファに寝転んで
    読む私…
    沁み渡るものは違うでしょうね。

    人のための少しの辛抱や
    小さな善行は
    花を咲かせる。
    人に対する無私の行いは
    山を生む。

    そういうことが信じられ、
    当たり前にできる世の中であって
    欲しいものです。
    そういう世の中はあったはず。
    そういう心がもう少しあったはず。

    生活に密着する、
    世の中を引っ張ってくれる?
    近しい存在の
    区議を選ぶ選挙は明日!
    選挙公報を読んでも
    残念かな、ピンとこない…
    う〜〜ん。
    山季布枝 * 山季の気まぐれブログ * 21:55 * - * - * - -
    このページの先頭へ