<< オソロシヤ… | main | やっと… >>

7月の新庄にて

0
    おかげ様で、顔の問題は
    だいぶ良くなりました。
    帽子にメガネにマスクにスカーフ
    から解放されています。

    本人より他人様が驚いた今回の症状
    (本人は驚くより、どうしたものか
    という「狼狽」でした)
    新庄の皆様にも発症期からずっと
    多大なるお気遣いをいただき、
    お仕事を休むことなくさせて
    いただきました。

    今日、お伺いすると、
    先ずは看護師長が
    「わ〜、凄い!先生良かった!
    ずいぶん治りましたね…」
    とお声がけいただきました。
    院長にエアコンの話をすると
    「僕はカビ菌ダニではないと思う。
    それならもっと全身に作用する筈。
    やはり5月の身体が弱った状態で
    口唇ヘルペス。
    そしてなんらかの菌が付着し、
    発症したのだと思います。」
    たしかにそうですね。
    とにかくこの後、アレルギーを
    引き起こす身体であることを自覚し
    免疫力低下しないよう、
    極力気をつけていこうと思います。
    特に自身は‘寝ているつもり’が
    実は良い睡眠がとれていなかった
    ことも判明しました。
    睡眠環境の見直しもしました。
    こらからの人生の時間と
    自身の器(カラダ)を冷静にみつめて
    仕事の取り組み方も変えることに
    いたしました。
    良いキッカケでした。

    ピノキオ保育園の園児の畑の
    ミニトマトをプレゼントして
    いただきました。



    高齢者施設では
    「センセ、治ったかぁ?
    あんれ、だいぶいいにゃ〜」と。
    ひと月前の酷い状態を覚えていて
    くださった…
    ここでもご心配いただき、
    本当に有難い!感謝です(嬉涙)

    今日とても面白かったのは
    定番曲の県民歌「最上川」の前に
    山形の「スポーツ県民歌」を挿入。
    地元サッカーチームの
    「山形モンテディオ」が
    ここしばらく&珍しく(失礼…!)
    リーグトップだったのに、
    この数日の連敗で4位にまで落ち…
    という話題を提供すると、
    皆様男女問わず、盛り上がって
    「ニュースで見た…
    残念だ…
    次は大丈夫だろうか…」
    と、口々にモンテディオの現状を
    憂いたのです。
    ならば応援しましょう!
    と歌い始めたら
    その声のエネルギーたるや!!!
    4番までの歌詞を歌い終わり
    「これで次は大丈夫だ…」
    と皆様、自己満足発言を連発。
    もう大笑いでした。
    で、すぐさま落ち着いた昭和天皇の
    御歌による「最上川」に移ろう…
    ところが皆さんのテンションが
    上がり過ぎて、なかなか歌に
    入れませんでした。
    そして最後になって
    「センセ、やっぱり歌うって
    いいにゃ〜(新庄弁…です)。
    来月も頼んます!ありがとう!」
    と。
    有難い限りです。
    ある意味、こちらが癒されました。
    山季布枝 * 山季の気まぐれブログ * 19:25 * - * - * - -
    このページの先頭へ