<< わかる… | main | 被害 >>

お月見団子

0
    残念ながら今晩は曇りの夜空。
    今日は中秋の名月の日。
    曇りだろうが晴れだろうが
    やはり毎年恒例ゆえ、
    お月見団子を注文しておきました。
    自分でこねこねお団子を作りたい
    という気持ちはありますが…

    お月見行事は、その年の豊作を
    感謝するものだそうですね。
    お月見団子を丸くする意味は
    満ち欠けをする月の
    満ちる姿を表しているとか。
    秋に収穫される里芋に見立てた
    とも聴いたことがあります。
    だから地域によっては里芋を
    お供えするとか。
    要は、お月見団子は
    月の満ち引きで地球上の
    生きとし生けるものが、
    豊作祈願して収穫できたもので
    命を永らえ、また
    それぞれの地域が無事に過ごし
    ものごとが丸くおさまり、
    健康で無事に過ごせた感謝や
    先々の安寧の祈りを込める
    儀式なのでしょうね。
    十五夜という
    満ちた月の光=エネルギーを
    浴びたお月見団子を食することで
    益々の健康と幸福を祈願する
    そういう儀式だと勝手に思いながら
    私はしっかりお団子を…いただく!
    でもまん丸のお団子は若干タブー。
    お弔いの「枕だんご」に通じるため
    お月見団子はほんの少しつぶした
    歪な球が良いとか…
    日本の風習って繊細ですね。

    今回しったのはお供えの仕方
    ススキやお酒などは
    月の神様がご覧になって
    左側に自然界のもの、
    右側に人の手によるもの
    をお供えするのだそう。
    月から見ての左・右ゆえ
    私からみれば「逆」になり、
    右側に自然界のもの
    左側に人の手によるもの… 昨年の写真をみると、
    そうしてあったのでセーフ!(汗)

    山季布枝 * 山季の気まぐれブログ * 18:28 * - * - * - -
    このページの先頭へ