<< セレンディピティ | main | 被災地のさまざまな現実 >>

台風一過

0
    台風19号が通り過ぎました。
    当方は15号台風の強風の方が
    怖かったです。
    台風19号は雨台風でした。
    そして15号台風による大災害に
    大いなる反省があったためか
    事前勧告も多々あり、
    心の準備も十分に出来ていました。

    驚いたのは台風接近中、携帯電話に
    幾度となく届く避難勧告アラーム!
    都内の電車も運休ゆえ、
    生徒も来ない一日。
    外は大雨!
    自身の練習が十分できる*\(^o^)/*
    ところが頻繁に鳴るアラーム。
    ごめんなさい、うるさい…
    とは申しませんが、不謹慎ですね。

    台風19号一過後に報道されて知る
    その被害の大きさに驚きました。
    1都12県の被災。
    まさか長野や栃木、福島、宮城…が
    これほどに被災するとは…
    15号台風の千葉や神奈川の被害は
    木々、電柱が倒れて停電、断水…
    今回はそれだけでなく、
    河川の氾濫による水害。
    堤防の決壊、若しくは越水。
    私がその昔…(苦笑)何年も
    音大受験生たちのレッスンに
    月に数回通った長野市が…
    千曲川の氾濫で大変な被害が…。
    私のよく知る場所が…
    本当に目を覆いたくなる現状です。
    千曲川だけでなく、
    当方の近所の多摩川も氾濫。
    そのために携帯電話に避難指示が
    何度も送られてきたわけです。
    それもかなり近い地域です。
    近隣区の大田区からの指示でした。
    阿武隈川の氾濫は複数県におよんで
    いました。
    挙げきれない河川の増水での氾濫。
    私の知り合いは福島の相馬在住。
    見舞われた被害は床下浸水…。

    河川の氾濫原因は
    「前代未聞の大雨」とは
    単純には言えないようですね。
    要因は複数あり、
    内水氾濫、
    無堤防、
    バックウォーター現象、
    下水の逆流…と
    3.11東日本大震災の津波だけでなく
    水の怖さをつくづく感じました。

    ラグビー日本代表の1次予選全勝に
    湧きましたが、選手が被災者に
    感動的な言葉を送っていました。
    また台風で試合がなくなった
    カナダのチームが台風被災地で
    ボランティア活動していました。
    こういう被害には人力が頼り。
    避難所生活を余儀無くされた方々を
    思うと、家でやすめることに
    素直に感謝です。
    急に気温も下がり、明日も雨…
    被災地と被災者が案じられます。


    山季布枝 * 山季の気まぐれブログ * 23:00 * - * - * - -
    このページの先頭へ