<< 山季2005クリスマストークコンサートin富麗華 | main | 山季・今日のお3時 >>

ご報告

0
    今日は、昨日のコンサートにご尽力頂いた方々へ
    ご挨拶に伺う。
    メールでも何人かの方からご感想を頂いた。
    少しご紹介。

    またコンサートにご出席できなかった方々からも
    クリスマスCDのご注文も頂いている。
    感謝!!
    カシオペイヤ様より

    今日は本当に素敵なひとときをありがとうございました。
    うっとりと惹き込まれ吸いこまれてしまいそうな演奏
    心が 情感がこもった演奏!!
    楽しいお話!!  
    素敵なお衣装にも感動!!
    このふるえるような気持を表わす言葉が
    他に出てこない自分がもどかしくなっています。
    オーチン ハラショー!!!

    上品で美味しいお料理!!
    リュックを背負って山登りスタイルであちらこちらの
    チビちゃん達と戯れている日常から抜け出し
    (山季註:カシオペイヤ様はモンテッソーリ教育の現場で
     お子様のシッターや先生方の指導をなさっている)
    非日常のゴージャスな気持になれる幸せを
    かみしめております。
    ダンケシェー!スパシーバ!
    ダンキュウ
    (オランダではこんな風にも言うと添乗員が言ってました)
    サンキュウ!!  

    お疲れではないでしょうか?
    どうぞお身体をお気使いなさって下さいませ。



    門下生Mさん

    昨日は本当にお疲れ様でした。
    楽しく美味しいひとときを有難うございました。
    昨日はいつにも増して先生の気迫と演奏のエネルギーを感じました。
    また、先生が明らかに日本語ではない原語で
    歌っていらっしゃることがよくわかりました。
    (いつも使用する)ベーゼンドルファーピアノとは
    また一味違う、キラキラパラパラ分離した
    スタインウェイピアノの音が心地よかったです。

    それとやはり先生の生のトークが一番だと思いました。



    有難いメッセージを頂いた。

    12時半 開場
    お客様のお集まりは早かった。

    1時 開宴
    山季のスピーチで始め、盃をあげる。
    「メリー・クリスマス 乾杯!」

    菩提寺の「大増寺」ご住職 秋山義邦先生、
    山季のドイツ語の最初の先生 大貫康夫先生、
    ドレス製作者 大木隆史氏、
    門下生代表・・ではなく?!
    門下生保護者代表 田中館 泰子様、にスピーチを頂く。

    本当に有難い、山季赤面!のお話を頂いたが、
    可笑しかったのが、大貫先生。

    「山季さんは私が教えた当時、
     明らかにドイツ語に興味は無かったようです冷や汗
     しかし妹さんは可愛らしく、いつもニコニコ傍にいらしたのを
     印象深く覚えております。
     学生の私にとって、勉強のあとのお母様の手作りの
     お食事がとても楽しみでした。」

        可愛らしい妹さんとは、川奈である。

    あらーっ、そうと分かっていたら、
    もう少し先生の為に、頑張って続けたのに・・??・・!!
    アハハッイヒヒ


    お食事の配膳が少しのんびりで・・・
    飲食1時間の予定が、1時間半!
    富麗華さんも
    「後に宴会が入っていませんから、どうぞごゆっくり」
    そんな訳で、のんびり&ゆっくり 
    そして和気あいあい、各テーブルは盛り上がっていた。

    2時半 トークコンサート開始

    山季は目の前に憧れのマドンナ、
    大女優の栗原小巻様がご着席だったのでかなり緊張した。
    でも彼女の表情が緩み、
    楽しそうにお聴き下さっているのがよく判ったので
    「光栄」「幸せ」「ラブ
    言葉が無い・・・・
    終演後もわざわざお声をおかけくださり、
    「本当に楽しかった、凄く良かった」・・・と。
    そう、お声をかけて下さる小巻様の美しさに
    山季、ポッラブラブ


    お客様の、山季の演奏をお聴きくださる際の集中力も凄かった!!!
    シーンッ!という文字が会場に浮かんでいたような気分。
    お客様の集中力に促されて、
    山季、かなり気合が入った。
    というより、とても楽しく演奏させて頂いた。

    近日中に佐々木氏にブログに写真をアップしてもらおう。
    残念かな、会場が暗かったのでデジカメには無理も生じたが、
    雰囲気だけでもお伝えできれば・・・








    山季布枝 * 山季の日記(2005年分) * 23:57 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

    コメント

    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ