<< 今晩は赤坂プリンスH | main | 遂にダウン! >>

年内最後のレッスン

0
    今日は29日。
    31日にレッスンを希望なさる方もいらしたが、
    一応今日で年内のお稽古は終了。

    今年を振り返ると、様々なことが
    つい昨日のことのように思い出される。

    何しろ3月に「サロンドアール」を世田谷区世田谷にオープンし、
    8月末日まで、サロンでのお弟子さんたちのレッスンが
    慌しく続いた。
    そう、英国トリニティ・カレッジのグレード試験の為だった。
    既にご報告したように、9名全員が高得点で合格。

    バッハのレクチャーも2日間に亘って行い、
    お弟子さんたちの本番さながらの演奏会も
    毎週日曜日に連続で開くなど、
    本当に気を抜くことなく走った。

    サロンのオープン記念パーティーには
    多くの方々にお集り頂いた。
    その日、山季は最悪のコンディションで
    いまだに皆様に申し訳なく思っている。

    また、日記ブログも今年から始めた。
    この日記ブログに関しては、年内で一応終了させて頂こうと思う。
    決して書くのが嫌なのではない。
    その理由は別な機会にまわしたい。
    毎晩、楽しみに覗いて下さった皆様には感謝申し上げる。

    ピアノ月刊誌に二ヶ月連続で原稿を書かせて頂いたのも
    名誉なことだった。
    それもピアノ教授で一番力を入れている
    「J.S.バッハ」の現代ピアノでの奏法であった。

    秋に入って、9月からは月一回、
    内容が違うコンサートを東京で開催。
    スケジュールはきつくは無かったが、
    毎月内容を変えて、共演者を変えて・・・というのは、
    お客様へのご案内が大変だった。

    11月から「サロンドアール」を目黒区鷹番に移転。
    忙しい最中、皆さんの応援もあって、
    あっさりと仕事に集中できる環境が整った。
    コーヒーメーカーを下さる方、
    パソコンを下さる方、
    殺風景な部屋にお花をお送りくださる方、
    書き出したら限がない。
    皆様に感謝!

    来年からコンサートのスタンスも
    山季の思う「本来の姿」に戻すつもりだ。
    試行錯誤を色々し、様々なスタイルは、それぞれ面白かった。

    如何様な演奏活動になるかは、今後の10年を御覧頂きたいと思う。

    寒い暮れ・・・
    明日は伊豆へ。





    山季布枝 * 山季の日記(2005年分) * 21:55 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

    コメント

    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ