異常気象?!

0
    気象庁の発表!
    今年はやはり30年に一度の
    「異常気象」だそう。
    異常だからしょうがない…
    ではないですよ!
    もうずっとおかしな天候ですよね。
    それこそもう「核シェルター」
    ならぬ
    「高気温シェルター」
    が要るのではないでしょうか?

    今日、湘南方面からレッスンに
    いらしたKさんが、当方の最寄駅で
    電車を降りた時に、
    同じ高い気温ながら、
    その「暑さの質の違い」に
    とても驚いたそうです。
    東京都内は気象庁発表の気温とは
    絶対に違います。
    先々週末に沖縄に行っていた
    Hさんいわく
    「沖縄に避暑に行った感じ…」と。
    生命が危険にさらされる気温。
    皆さま、くれぐれも
    お気をつけてお過ごしください。
    山季布枝 * 山季の気まぐれブログ * 14:15 * - * - * - -

    8月にはいりました。

    0
      経験したことのない豪雨、
      経験したことのない台風、
      そして
      経験 したことのない暑さ!
      そんな言葉が、毎日毎日、
      色々なところから報じられる
      2018年の7月でした。


      29日に宮崎市でリサイタルを
      開いた生徒さんが、昨日、
      台風で欠航便が多い中、
      無事に帰京しました。
      彼女の乗った便の後は全部
      欠航だったそうです。
      リサイタルも大成功した様子。
      良かった、良かった!

      今日はもう8月です。
      昨晩9時頃、南の空の
      綺麗なオレンジ色の「火星」を
      ひとり愛でておりました。
      あと6日で立秋です。

      今月も皆さま、
      お健やかにお過ごしくださいね。

      山季布枝 * 山季の気まぐれブログ * 18:45 * - * - * - -

      ある意味の学び

      0
        浜離宮ホールでの演奏会に
        珍しくひとりで行きました。
        同時期にウィーンで学んでいた
        ステファン・ヴラダー氏の
        4大ベートーヴェン・ソナタの夕べ
        でした。
        彼は1985年のベートーヴェン国際
        ピアノ・コンクールで優勝。
        ウィーン出身なので、その後も
        盤石な拠点をウィーンに置き、
        大活躍中。

        昨日のプログラムは
        前半は悲愴、月光、
        後半はワルトシュタイン、熱情。
        チケットはほぼ完売状態でした。
        やはり日本人は
        『ベートーヴェンがお好き』
        特にタイトル付きソナタばかりなら
        尚のことお客様は増えますね。
        私の場合は…(笑)
        彼のプログラムの
        「ワルトシュタイン」を「告別」か
        「テンペスト」に替えた構成で
        ひとり悦に入って
        〈山季布枝 勝手リサイタル〉を
        自宅でたま〜に開いています(笑)

        ある意味、勉強になりました。
        楽譜が我が頭の中に全てあるから
        彼の演奏を聴いて、私なりの
        考え、感じ方との相違を徹底的に
        見せられた気がします。
        また指使いやペダルの使い方も…
        音の感覚には大きな違いがあり、
        生意気を申せば、
        彼の音はちょっときつかった…
        ベートーヴェンの初期から中期の
        作品だから、
        彼の使用ピアノの変遷は楽曲に
        大きな影響を及ぼす。
        それを今に表現するかどうか、
        演奏者の考えひとつだなぁ、と
        思いました。
        築地駅から徒歩で10分弱のホール。
        昨夕は汗もかかずに、よかった!
        山季布枝 * 山季の気まぐれブログ * 08:30 * - * - * - -

        羨ましいお話

        0
          新庄でいつも最後にお伺いする
          保育園での羨ましいお話。

          園庭の一部に菜園があります。
          かなり広い菜園です。
          東京ならお家が楽に一軒建ちます。
          そこでは園児たちの食する
          様々な野菜が育てられています。
          栄養士さんたちが、園児の食事を
          毎日、園内の広いお台所で
          お作りくださいます。
          私も園児になりたいくらい(笑)
          毎年、園内の梅の実で
          園児たちの夏の梅ジュース、
          数種類のトマト、芋類、カボチャ、
          葉物野菜、数種類のハーブ…
          その上、周囲の方々が
          やれキュウリだ、茄子だ、
          インゲン豆にピーマンだ、
          まもなく尾花沢スイカ!
          食べきれずに困っているほど。
          キュウリなどは、方々からほぼ毎日
          いただくので、園庭菜園には
          茄子とともに植えないそうです。
          その羨ましいお話。
          キュウリは40リットルビニル袋に
          半分くらいを一度にいただくそう。
          毎日届くので、よく洗ってから
          同じような40リットル級の
          ビニル袋にキュウリを入れて
          ちょっと塩をいれ、超浅漬けの
          キュウリを作って、園児たちの
          「おやつ」になり、子どもたちは
          ぽりぽり食べるそうですよ。
          それがトマトであったり…
          最高のおやつですね。
          昨年は巨大なスイカがゴロゴロ!

          地面のものをいただけることが
          羨ましい!
          だから、
          子どもたちは強く元気なのですね。

          山季布枝 * 山季の気まぐれブログ * 21:05 * - * - * - -

          7月新庄MT

          0
            昨日はとうとう、レッスン室の
            3室温は30度から下がらない状態に
            なりました。
            冷房設定温度は18度です。
            多少なりとも…と思う耐熱処置では
            埒があきません。
            室外機がもう悲鳴をあげています。
            東南の角部屋、天井の上は屋上。
            冬は温室のようにポカポカですが、
            「災害ともいえる暑さ」には
            どうすることもできません。
            クーラーをもう一台増やすしか
            対処のしようがないようです。
            しかし今から設置を頼んでも
            8月末!とのこと。
            ピアノは「べろんべろん」に!
            湿度は当然のこと、温度差に弱い
            ヨーロッパの楽器には
            人間以上に過酷な現実です。
            可哀想でなりません。

            今日は新庄への出張日。
            朝5時前に最寄り駅まで歩いても、
            汗がポタポタ落ちました。
            新幹線内は
            冷房は強く効かせているものの
            窓にシェードを下ろしている
            くらいでは、外から注ぎ込む
            太陽熱には不十分でした。

            新庄の日中は確かに暑いですが、
            やはり空気が良いからか、
            暑さにストレスを感じません。
            新庄の皆さまは
            眠る時間帯まで冷房を入れて
            途中で切る。
            朝方まで冷房を入れていたら
            寒すぎ!とのこと。
            中には窓を少し開けて寝て、
            朝方は寒いから窓を閉める、と。
            とにかく子どもたちも、
            ご高齢の皆様も
            お元気で良かったです。

            高齢者施設でのセッションを
            久しぶりに聞いてくれた
            病院スタッフに
            「前に聞いた時より、
            皆さんがずいぶん大きな声で
            歌っているのに驚いた!」と
            言ってくれました。
            皆さんが高齢者施設内で、
            元気でリラックスしてお暮らし、
            ということですね。

            今日は【2020東京オリンピック】
            開催までちょうど2年!
            という訳で山形スポーツ県民歌も
            お歌いいただきました。
            まぁお元気!
            大声でフルコーラスをお歌い
            くださいました。
            終了後には相変わらず、
            「センセ、来月も待ってます!」
            有難いお声です。
            山季布枝 * 山季の気まぐれブログ * 22:50 * - * - * - -
            このページの先頭へ