なんだか…

0
    毎年12月〜1月のふた月は
    気忙しい時期ゆえか、
    今ひとつ調子が良くありません。
    特に今年は…
    テンションが上がらないのに、
    自己犠牲の強いタチなのか、
    みなさんが風邪だ、何だかんだと
    訴えていらっしゃるのを
    平気な顔をして受け止めて…
    1人になった後にがっくり(苦笑)
    もういい加減にしなさい!と
    もう1人の自分が言うのだけれど…

    明日で1月も終わります。
    新年が明けて早ひと月!
    しっかり節分の豆撒きをして
    心がふわっとする春を迎えたい!と
    きっと私だけでなく、多くの人が
    思っているでしょうね。
    オリンピックのチケット入手方法が
    今日、発表されました。
    開会式のチケットは30万円!
    ダフ屋が登場して、これまた
    どれだけ値が上がるのでしょうか?
    もちろん法的に禁止され、
    売る方も買う方も罰せられるよう
    ですけれど…
    捻くれ者の私は、
    2020東京オリンピックの時期は
    何処か涼しいところに
    のんびりと身を移して…と今から
    妄想の世界に身を置いています(笑)


    山季布枝 * 山季の気まぐれブログ * 22:20 * - * - * - -

    嬉しいひととき

    0
      嬉しいことがありました。
      ある生徒さんのレッスン。
      玄関ドアを開けると、
      生徒さんがニヤニヤして立って
      いらして、何やら手招きして…
      手招きしているドアの外をみると、
      半年ほどレッスンに来れなかった
      生徒のMさん!
      訪ねてきてくださいました。

      ご家族の体調不良で、
      全面サポートが必要な為、
      付きっ切りの介助だとか。
      細身の彼女が更にタイトになられ…
      毎日、ピアノに迎えない現実を
      受け止めていらっしゃるMさん。
      それでも、
      「ほんの少しの時間、
      ここにに来れただけでも嬉しい」
      とおっしゃっていただき、
      こちらまで嬉しくなりました。

      同居家族の具合に拠るところが
      大きい音の出る楽器の練習…
      つくづく、
      練習が出来ることに感謝!
      彼女がひと足先に帰られ、
      もうお一方と深く反省しました。

      でも、こうして、レッスンのため
      だけでなく訪れて貰えること、
      音楽を生業にし、
      様々な形でお手伝いできること
      有難いことです。
      山季布枝 * 山季の気まぐれブログ * 21:45 * - * - * - -

      残念なこと

      0
        今日、所用で近所を歩いていた時、
        前方から、大柄ながら少々足下が
        おぼつかないご老人がお一人で
        歩いてきました。
        アッと思う瞬間、
        ヨロヨロと崩れ転ばれました。
        あら大変!と、直ぐにお手助けに
        走り寄り、お身体を引き起こし
        立ち上がっていただこうと
        抱き起こそうと試みました。
        父の介護時は、殆ど我が妹が
        ベッドでの寝起き、車椅子への移乗
        などやってくれました。
        慣れて上手な妹でも、
        たまに父と共倒れして
        危なかったこともありました。

        さて、全体重をたれかかられた私。
        二進も三進もいかず、
        やっとの思いでお起こししました。
        ダウンコートをお召しだったので
        腕などにはお怪我は無いようで
        無事立ち上がって、駅の方へ
        歩いていかれました。
        駅までお送りすればよかった…
        と後悔!
        しかしそれよりも、
        とても残念に思ったのは
        そこを通りかかる多くの人たちが
        何方も手を貸してくれなかった!
        そして、もひとつ残念だったのは、
        自分の筋力の無さ…
        「筋肉は裏切らない」のセリフで
        ブレイク中のNHKの筋肉体操を
        チラチラと始めたばかりですが、
        人助けにも筋力が必要!
        精神的筋力も必要ですが、
        どちらも不足!と納得しました。

        ところで、二つ目の残念なこと。
        ご近所のピアノ教師が溢した言葉。
        冬は風邪などの理由で
        レッスンのドタキャンが増加。
        月謝制ならまぁ、様々対応します。
        しかしその都度、となる生徒の
        ドタキャンは…どうしてます?
        という話題になりました。
        生徒の当日キャンセルは有償です。
        しかし今どきは、色々な現場で
        ドタキャンは無かったことに…
        が殆どだそうです。
        こちらも時間を予定しているので、
        ドタキャンは…と思いますがね。
        人の都合、人の時間を思うことが
        無くなってきたようです。

        高校教師をしている門下生が
        中学、高校でも
        もう翌日休むことが明白で、
        前日に申し出るべきなのに
        「当日キャンセル」を申し出る
        保護者がとても多いそうです。
        人のこと、相手の組織…
        を慮ることは薄らいできている
        のでしょうか?

        また
        大学でも授業中に質問せず、
        授業終了後に質問に来る学生が
        多いとか。
        授業をする方とすれば、
        良い質問故、授業内でしてくれたら
        良かったのに…と思っても、
        他の学生に
        「そんな質問をする自分を
        どう思われるか…が心配」
        で質問しないとか。
        第三者に対する意識の持ち方に
        残念ながら違和感を感じます。

        かくいう私も、
        失礼を重ねるばかり…
        可愛くないと若者に嫌われるぞ!
        との声も聞こえますが…(笑)
        新年から空き時間に
        「超手抜きスクワット」
        で 汗をかいております。
        山季布枝 * 山季の気まぐれブログ * 18:55 * - * - * - -

        24年

        0
          24年前の今日、早朝のTVニュースで
          関西で大地震があったとの報道。
          幼い頃から、ピアノのお稽古に
          通ってきていた近所に住む生徒が、
          大阪で大学生活を送ることになり、
          大阪に居を移していました。
          心配で、すぐ電話をしました。
          彼女が電話口に出たので安堵。
          しかしその瞬間だけ、
          奇跡的に電話が繋がっただけで、
          そのあと、知人たちとは
          全く連絡が取れませんでした。
          まだ携帯電話も普及しておらず、
          24年前を思い出すと、今の生活から
          よくぞ阪神淡路は立ち戻った…
          と思います。もちろん、まだまだ
          という部分もあるでしょうけれど。
          知人に救援物資も送りましたが、
          当時はなかなか届かず、
          宛名不明で戻ってきたり、
          半年以上経って先方に届いたり、
          色々ありました。

          そんな話題を今日、
          レッスンにいらした方にしたら、
          「まだ小学生だったので、テレビで
          観てもよくわからなかった…」
          そうですよね、24年前ですもの。

          阪神淡路大震災のあと、
          コンサートで神戸に行きましたが
          被害に遭われた方々のお話には
          本当に驚くだけで、言葉を
          返せなかったのを覚えています。

          自然の中に生きていることを
          忘れてはいけないし、
          自然の力にはヒトは抗えない!
          ということを忘れがちです。
          少しは意識して、
          頭の隅に置いておかなければ…
          何もないことに感謝しなければ
          何もないことは奇跡だと思います。
          山季布枝 * 山季の気まぐれブログ * 21:10 * - * - * - -

          大きな転換期!

          0
            平成の世が終わろうという今、
            色々な方が人生の幕を下ろします。
            樹木希林さんに次いで
            兼高かおるさん、
            一龍斎貞鳳さん、
            市原悦子さん、
            そして梅原猛さんも…
            時代が大きく転換しますね。

            子どもの頃、テレビを観ることは
            ほとんどNGだった我が家でも
            TV番組「兼高かおるの世界の旅」
            だけは、家族全員で夢中になって
            観ました。
            美しい女性が、
            美しい所作動作で異国をリポート。
            落ち着いた艶のあるお声で、
            何より美しい言葉を以って、
            その頃はなかなか知り得ない
            世界各地の様子を楽しくお話し
            くださる。
            それは、ただただ「憧れ」でした。

            そして梅原猛さん。
            大哲学者でありながら、
            凡人にこそ分かりやすく、
            無知そのものであった私に、
            彼の文章や討論番組などでの発言は
            様々な世界への興味を持つ機会を
            与えてくださいました。

            大きな時代が終わったのだなぁ、と
            悟らざるをえないようです。
            これからどのような時代になって
            いくのでしょう?様々な事物が
            「吹き出し、吹き荒れ」ています。

            一方で
            新しい波もどんどん起こります。
            市川海老蔵さんがご子息と共に
            来年、市川團十郎白猿、
            市川新之助 を襲名するとか。

            マスコミの報道が世界規模で
            超高速ゆえ、良くも悪くも
            次々と人の動きを知らされますね。
            こういう時こそ、
            自分を客観視し、冷静でいよう、
            と思います。
            山季布枝 * 山季の気まぐれブログ * 16:05 * - * - * - -
            このページの先頭へ